中卒・元自営業が6000人規模の上場企業で働いてみて思ったこと~顔のない上司~

1 / 8 ページ

憧れのビジネスパーソン



私は中学生の頃、サラリーマンなんかぜってーなりたくねぇとなぜかすでに決心していた。


七三分けでスーツを着て満員電車に揺られながら、毎日同じことの繰り返しをするのが嫌だったという単純なイメージでそう決めていた。


しかし6年ほど自営業として働いているうちに、

いつの日かスーツを着た大企業のビジネスパーソンに憧れるようになった。


髪型もスッキリさせ、細身のスーツをビシッときめ、

ネクタイピンを光らせ、ネクタイをきつく締めディンプル!


裾幅17センチの気持ち短めのシングル派


iPadで日経デジタルを読みながら満員電車に揺られ株価をチェック!

ピカピカのモンクストラップを履いて丸の内を急ぎ足で歩く。

昼はお財布を持って少し高めのランチ!その後は、屋上でバレーボール!

花金アフター5は丸の内OLと飲み会!たまにガード下で一人でちょい飲み!


そんなビジネスパーソンに憧れていたのだが、31歳にして遂にこれらが全て叶ったのだ!



大きな会社には「顔のない上司」がいた


ご縁があり、私はとある大手会社に採用され憧れのビジネスパーソンになることができた。

6000人規模の大企業、これほど大きな組織に属したことは初めてである。


以前いた業界は比較的若年層が多かったことと、6年ほど個人事業主をしていたので雇われること自体が久しぶりであった。実際に身を置いてみると己がまだまだ社会人・組織人として未熟であり、ひよっ子であったと痛感した。


もちろん柔軟に謙虚に勤労しているつもりであるが、

大企業という組織的なものを大変興味深く観察していた。


しかし働き始めて2カ月が経つころ、なにか違和感をおぼえるようになった。


今回、社員になれたのは嘱託社員として採用され、私の提案したプロジェクトを軸に新規事業を立ち上げるという特別採用であった。ものすごく簡単に言えば「マネーの虎」のようなものである。


社内でディスカッションし最終的には役員の決裁をもらい事業化していく。

そのために事業プランをブラッシュアップし事業計画書とプレゼン資料をつくっていくのだ。


みんなの読んで良かった!