母よりも母だった貴女(ひと)

1 / 6 ページ

街に、七夕飾りの色がひるがえり始めると、

胸の奥が、きゅっとする。

甘いような、切ないような、人込みからすっと離れて、一人泣きたいような想いになる。

今はもう、その顔さえ、定かに思い出せないのに。

 

☆彡1、孤独な貴女(ひと)


やえちゃんと出会ったのは、いつだったのだろう。

物心ついた時には、一緒にいた。

弟が生まれた3歳の頃、母にうるさいと家を出された私は、炎天下の道路をふらふらと歩いていたらしい。その頃、見かねてやえちゃんが声をかけてくれたのかもしれない。


私が生まれ育ったところは、山の中腹の観光地だった。

小さな町の表通りには、旅館とホテル、物産展が立ち並んでいた。

裏通りには、そこで働く人たちの住居や寮があった。

やえちゃんは、ホテルの従業員寮に一人で住んでいた。

あの頃、やえちゃんの歳がいくつだかわからなかったけれど、今考えると、35歳から40歳くらいだったろう。


小柄で細目、華奢な人だった。

色が白く、手はやわらかく丸かった。

生まれは、東北だと言っていた。

それが、遠く離れた僻地の観光地で、なぜ一人で働いているのか、幼い子供には知るよしもなかった。

観光地のそこでは、人の出入りは多かった。3,4年いたと思うといなくなり、また新しい人がやってきた。


やえちゃんは、料理が得意だったわけじゃない。

ご飯を、しょうがとハムだけで炒めて、醤油とごま油で味づけしただけ。そんな簡素なものが多かった。

それでも、

やえちゃん
めしあがれ。
幼いみりえ
いただきます!!
やえちゃん
いただきます!


やえちゃんと2人で食べるご飯は、のどにすっと入って、体をあたためた。

「おいしい!」

「おいしいね!」

「うん、おいしい!」

そんな単純な言葉の掛け合いが、私をほっとさせた。

家では、母は弟の世話と家事につねにあわただしかった。

やえちゃんもホテルの仕事をしているのだから、忙しかったはずなのだけれど、いつも「大変だ、大変だ」と騒いでいる母と違って、そのまわりには、ゆったりとした時間が流れていた。

その空気のなかにいるのが、私は好きだった。


その静かな空気のなかで、私はのんびりとご飯を食べ、のんびりと折り紙をし、のんびりと絵を描いた。



母は、いつも大変そうだった。

その世界には、大変なことがいつも降り注いでいるかのようだった。

みんなの読んで良かった!