【続続編】51歳無謀女性が離婚、失業、引っ越しをいっぺんにやって思うのは○○

1 / 3 ページ

前編: 「離婚は大変、疲弊する」をぶち壊した離婚

22歳無謀女子の続きの続きの51歳からの物語

22歳で会社勤めにあきた無謀女子は、無計画無資金で会社を辞め、

学習塾を開いて自由に生活する。

それも4年であきて、26歳の無謀女子は、田舎の商家の後継ぎと結婚。

すったもんだしながら、子供を2人生み、児童文学作家(別ペンネーム)になり、

元夫が講師の学習塾の経営をやって成功させる。

で、51歳の3月の末、



みりえ
離婚した。
ざますさん
辛抱が足りないざます!!
おせっかいさん1
苦労したのよ。かわいそうに。
おせっかいさん2
結婚する時に、親族をちゃんと見ないと失敗するよ。
みりえ
ごちゃごちゃ


「うっせえ!!!」


☆彡1、とにかく、みんな、「よくあること」に当てはめようとする。


1人1人、ちがうよ。

少なくとも、私はちがう。


すったもんだとか大変だったこととか、そういうのはみんな、私を成長させる材料だった。

私はたぶん、それが欲しくて結婚したのだ。

と、今となっては思ったりする。

その時は、わからなかったけれど。


そこでの学びがもう終わったから、

私は閉塞感を目いっぱい感じて、

離婚した。
やっていた学習塾も手放した。
引っ越した。

3つをいっぺんにやるのは、さすがに怖くて怖くて足が震えたけれど、

まあ、いつも、無計画でやってしまうのだ。

前もって計画を立てようと思っても、できないのだから、しかたがない。

とりあえず、跳びこむしかないのだ。

あとは、天におまかせ。


スピリチュアルとかを妄信しているわけじゃないけれど、

サイコロは振ってみないとわからない。

計画どおりにはいかない。

やってみて、出た目を見て考えるしかない。


人生は、外の世界と自分とのかねあいで創られていく。

自分の計画どおりに行くはずがない。

外の世界に、自分を放り投げてみて、起きた現象に対して、

みんなの読んで良かった!