高木教育センターのありふれた日々(6)

1 / 14 ページ

高木教育センターのありふれた日々(6)

 

第五十一章「理想の生活

第五十二章「empty nest syndrome

第五十三章「lim(x→π)[√(a+cosx)-b]/(x-π)^2=1/4

第五十四章lim(x→π)[√(a+cosx)-b]/(x-π)^2=1/4」(2)

第五十五章「お金を振り込んだら、ドロン!

第五十六章「知る人のみぞ知る。隠れた名店

第五十七章「integration by substitution ∫(01)x(1-x)^n

第五十八章「つながりたくない」

第五十九章「ある理系女子のブログ」

第六十章「絶対にこの町から出ていく!」

 

 

第五十一章

「理想の生活

 私は毎朝「通信生」の英作文を添削するのが日々の日課というか、楽しみの一つだ。京大受験生、国立大医学部の子が多いのでレベルが高い。夕方は授業。帰宅したら、通塾生からの質問メールが来ているので質問に答えたり問題の送信をしたりしている。

 通信生は北海道から九州までみえる。通信生を募集して4年目で、このような状態になることなど予想もつかなかった。世の中は想定外の連続だ。今年は京大受験生が10名を越えそうだ。「打倒!四日市高校」なんてスローガンが思いつくなんて、これも全くの想定外だ。2年後、3年後に何が起こっているのかまるで分からない。

 想定外を想定内にしないとダメなんだろうが、そんなことは神様でなければ分からない。考えてみると、塾を始めてから毎年想定外の連続だった。

「まさか銀行が自分みたいな若造に融資してくれるのか?」

 これが29歳の私の実感。今にして思えばバブルだっただけなのだが。

みんなの読んで良かった!