1km走って足がつっていた僕が、東海道53次を走ったら、ゴビマラソン250kmまで完走して世界一になった話。

1 / 95 ページ



その1.「はっ?砂漠を250km走った人がいる?何それ??」


僕のゴビマラソンの物語の原点はここに行き着く。

2014年の5月。

サハラマラソンを完走した人が行ったサハラマラソントークライブだ。


当時僕はまだランナーでもなかったし、

マラソンで一番長い距離が42.195kmだと思ってたくらい。


当時の僕は嫌なことを言われたりする会社から逃げ出すために、

いまよりもっと自由で贅沢な人生を夢見て

ビジネスや自己啓発セミナーに通っていた。


しかし、そういった知識の学びで行き着くところは、

「コンフォートゾーンを飛び出すこと」

「やったことのないことに挑戦する勇気」

「実際に行動する勇気」

になる。


やることがわかった後は、実行するかどうか。

言われてみれば当たり前だが、結局はそうなる。


だけど。


だけどっ!


やったことないことって、怖いっ!


うまくいかなかったらどうしよう!


人から嫌われたらどうしよう!


やる方法はたくさん知ったけれど。

結局いつも怖くて踏み出せない。

行動できない。


そんな自分にいきつき、そして怖さに負けて行動できない。

そして変わらない毎日が続いていた。


(僕は変わりたい。でも怖い。)

みんなの読んで良かった!