ジャマイカに行った話

1 / 3 ページ

ジャマイカに行きたい
行きたい 
こうゆう気持ちは全て神からのサイン
最重要優先人物、神 GOD
財布には全財産3万くらい笑
誰かお金の余ってる暇してる投資家の人とかおらへんもんかなっていつも思う。
最高の冒険をして見せるのに。
まあ現実はそんな甘くなく。
でもお金もないくせに行くぞって決めたら
また天使が現れて
奇跡が奇跡を呼び翌々日私は
ジャマイカに舞い降りた。
別に毎回毎回そんな、天使が現れて上手くいくわけじゃない。イタイ思いもだいぶして、その貯金、てわけじゃないけどこうゆう大事な時 いつも ありえへんくらい親切な人がひょいっと現れて、導いてくれる。
そんな人は天使 全員天使やと思う。
今回は泊まってた宿で知り合ったニューヨーク育ちのお姉さんが丸一日かけて徒歩でマンハッタンを歩き回り締め切り15分前にチケットをゲットしてくれた。一銭の得にもならないのに昨日出会ったばかりの私のただのジャマイカ行きたい願望の為に。ビバリー元気ですか。あれから私は3回ジャマイカに行きました、こちとらヤーマンヤーマン。
またビバリーにどこかで会えるかどうかはわからない
けど、私もどこかで迷子の子猫に出会ったその時は導きの天使になって恩を巡らせてゆきたいと思う。ビバリー あなたのように。
さてそうゆう訳で
失業と失恋の原動力で僅かな有り金握りしめチケットを買い知り合いなんかいるわけもない
世界有数の危険地帯ジャマイカ 
キングストンに舞い降りた私。


ついた瞬間思いましたね。


「 たっ   


ただいまァ〜〜〜‼︎‼︎‼︎涙」

わかんないです、もう。地球の裏側に、何故ただいまなのかなんて。説明不可能。
空気感。バイブス。波動ですね。波動。
ぜ〜んぜん、怖くない。
ついたばっかのクセに帰りたくない。
天国ってここのことちゃう?
べつに綺麗〜♡とか素敵〜♡とか
そうゆうんじゃない。
badでrealな空気。だから神なんだ。
そして 思いましたね。
ああ、私を、クビにしてくれて、ありがとう〜‼︎
しかも、同じ日に、フッてくれて、
ありがとう〜‼︎

みんなの読んで良かった!