就職したいランキング1位の自動車大手企業を退職した理由の一つ

1 / 2 ページ



成功したいがためにがんばったのに
まったく真逆になることをやっていた。


どうもこんにちは!何もないところからその人をデザインし


組織に依存しない生き方を案内する『ZERO INNOVATION』の多田隈です。




2000年に入社したころは就職氷河期を超える“超氷河期”と表現されるくらい


就職することが困難な時代でした。



そんな社会情勢を無視して


どうしても就職したい会社がありました。


なぜその会社なのか


それは、とても遊び心を大事にしていて


環境にも積極的に取り組んでいる姿勢がとてもスマートに感じられ


わたしが好きなバイクも販売していたので


ここ以外に考えられないと思っていました。



入社するまでの試験も大変苦労しましたが


やっとの思いで入社することができて


確信が沸いてきました。


わたしの人生はこれで“勝ち組だ!”





それもそのはず。


地元の同級生の誰よりも給与はいいし


休みもしっかりあるし


福利厚生はしっかりしている。


同僚たちも一流の集まりでした。



もう何不自由しない生活を約束され


小さな問題はいろいろありましたが


大きな問題と出会うこともなく


いままで経験したことないような


豊かな生活を送ることができました。



入社して1年目は忙しくて周りを見る余裕なんて


ありませんでしたが


2年目になった頃からいろいろなことがみえるようになりました。



いままで経験したことのない


経済・権力・豊かに生活できた環境を捨てた理由に


これがありました。




『自分が豊かになることで子孫を不幸にする』



つまりそれはどういうことか?



自動車会社で働いているときに


この先の人生で出会うであろう孫や曾孫たちに


必ず言われるであろうことをイメージしてした言葉です。



その言葉とは


子孫
「お祖父ちゃんはなぜ、気候変動で僕たち(子孫)が地球に住めなくなるのに
石油を使う製品をたくさん作り続けたの?」
子孫
「もう大人だったんだから、気付かなかったわけはないよね?」


こんな純粋で無垢なことを言われたらどう答えるでしょう?


返すコメントは


ごめんね・・・。

しかありません。



正直に、私利私欲と


近い人が幸せになればそれでいいと思ったからだと


世界のこと地球のことなんて考える余裕はなかった。




これが本音です。




入社面接のときに面接官に言った言葉がありました。


著者の多田隈 祐司さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。