文系初心者が東大理系エンジニア集団Progateで、エンジニアとしてインターンするまで気付かなかった「1人・教材・海外留学」より大切なこと

1 / 7 ページ








最近は、プログラミングが流行っている。

今の社会では、世界中のあらゆる分野にソフトウェアが必要とされてきているからだ。

これからは、プログラマーに限らず、「あらゆる職種でプログラミングの知識が必要である」そんな時代がすぐそこまで来ている気がする。例えば、アメリカ、シンガポール、イギリス、エストニアなど海外の国では、国をあげてプログラミング教育を支援する動きが盛んである。


でも、文系の方からしてみれば、プログラミングは理系だけが大学の授業で学習するものだと捉えられがちではないだろうか?

また、理系の方からしてみれば、授業で習うことが難しすぎたり、「これ何の役に立つんだろう?」と捉えられがちではないだろうか? 一昔前だとそうだったかもしれないが、今は違うと思う。


Progateとは、そんな避けられがちなプログラミングをWEB上で、実践的でありながらも、ゲームのように楽しく学ぶことができるサービスのことである。

楽しく学べるのが特徴。

ホリエモンも取り上げている。

ぼくは、去年の8月にノリで京都から上京し、アメリカ西海岸に留学する2日前のまでProgate社でエンジニアのインターンとして働きながらプログラミングを学んでいた。インターンをするまでは、全くの初心者だった。

今回は、まず、Progateでインターンをすることになった経緯を説明し、次に、エンジニアとして実際にインターンをするまで気づかなかった、5ヶ月前の自分に教えてあげたい「1人・教材・海外留学」より大切な3つのことについて説明したい。


経緯

プログラミング初心者のぼくは、もともとProgateのヘビーユーザーだった。ちなみに、レベルは113である。

はじめた当初から、よくTwitterでも呟いてた。

そんなProgateの中の人との出会いは、プログラミングをはじめた当初である9月ではなくて、実は、1年以上前に遡る。

1年以上前のある日、いきなり小濱さんという同志社大学の先輩から、1件のメッセージが来た。

この文中に出てくるWebServiceとは、実はProgateのことで、この小濱さんとProgateの村井健太くんが出会ったきっかけは、ぼくが小濱さんに勧めたプログラミング系のイベントがきっかけだった。


(中略)


これがProgateの共同創業者である村井健太くんとのはじめての出会いだった。

みんなの読んで良かった!