なぜ介護で倒れる事ができたのか…その2

1 / 5 ページ

前編: なぜ介護で倒れる事ができたのか…その1
後編: なぜ介護で倒れる事ができたのか…その3


遠距離介護編(退院後編)


退院後、基本は母が主体になって生活
できるように、ハンディキャップを補う
為にヘルパーさんに来てもらう調整を
しました。



そのほか、危機管理として、


・監視カメラの設置で母の様子を見る


・二週間に一回、状況確認に行く



…をする事になりました。



数ヶ月は問題が無かったのですが、
だんだんと、いろんな問題が生じました。



例えば、隣の家の方とのトラブル。
(以下、Aさんとします)母と親しく


してくださったAさんが母の愛犬の散歩を
引き受けて下さったり、たまに来ては
夕飯を一緒にして下さったりして
いました。



母親は自分なりに、お礼をしていたよう
ですが(寿司をご馳走するなど)ある日、



「散歩&世話代」として過去分を遡って
お金で支払って欲しいと請求が来ました。



…どうもAさんの自営業が上手くいって
いない様でした。



母も私も納得いかなかったのですが、
確かに「ただ(無料)」で甘えるのも、
今後もお世話になる(特に愛犬の散歩)
事もあり、



…承諾し、月当たりに支払うことに
しました。



しかし、それだけでは済みませんでした。



まず、「散歩&世話代」をまとめて
支払って欲しいという連絡が来ました。

みんなの読んで良かった!