猫 pt2

1 / 4 ページ

俺は猫だ 名前は ない

と言ったけど ニックネームってやつは あったんだ

コロ ってな 

こいつは 

前に話したかな 花園神社の じいさん猫

そう 花じい が付けたんだ

なんでも俺は 小さかったから なんだと

その年代の 普通の猫たちより ね

コロ なんて恥ずかしいだろう?

飼いならされない 野生 

レジェンドになる 猫にはふさわしくないじゃん

それに俺は あの頃より大きくなった

強くもなったんだ

だから 俺は 

花じいが死んで以来 誰にも呼ばせない コロなんて

----

ここは どこだろう

暖かくて やわらかい ずっと居たくなる

まだ寝ていたい気もする

うん なんだか 疲れた

頭も回らんわ 寝よう もう少し

ここが どこか なんて 知らねーよ

----

「お母さーん この猫ちゃん まだ寝てるよ?

 死んじゃわないよね?」

「美結 大丈夫よ お医者様も言ってたじゃない

 大丈夫だって もう少し寝たら 起きるんじゃないかしら」

「でもお母さん? この猫ちゃん もう3日も寝たきりだよー?

 ねーねー? この猫ちゃん このまま家で飼ってあげたいな?」

著者の高津 諒さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。