14 min read

【知られざる原宿Cawaiiの闇】元ショップ店員が語る、パワハラや低賃金に怯えたブラックな記憶

Picture?width=400&height=400
著者:
Minto Santo
1 / 12ページ

芸能人への接客・憧れの東京暮らし・・夢に向けて全力で走り続けた準備期間




ある晴れた日のこと。


眩しいくらいの太陽の下、全速力で高校から帰宅したわたしは

コンビニで購入した雑誌、『Cutie』の新刊を取り出し

ベッドの上でワクワクしながら無我夢中になって読み漁る。


そう、わたしは当時現役のショップ店員として働く、超憧れの読者モデルがいた。


わたしはとにかく彼女の原宿系コーディネートや

ヘアスタイルを真似ることが本当に好きだった。


雑誌を開くたびに周りにはイオンかしまむらしかない

”ど田舎・九州”在住のわたしは


わたし
『なんでわたし東京でうまれてこんかったと~?』
わたし
『読者モデルみたいに仕事帰りに原宿で買い物したーい!』

と、毎日ため息ばかりついていた。


両親にも”上京したい”という話はするものの、

田舎娘のあんたが東京に行ってやっていけるわけないたい!
東京はお前の想像以上に厳しいとこだぞ・・

と最初は大反対!!


2~3ヶ月間、家出をするほどの大喧嘩をしたこともあった(笑)


説得には高校卒業後、2~3年という月日がかかった。


出来ればわたしの理想としては


19歳くらいから憧れの地、原宿にてショップ店員をスタートし

21歳くらいでトップのカリスマ店員になる・・

という形が最も理想的であったが


わたしの場合、上京&ショップ店員デビューは

自分の”未来予想図”と違ってかなり遅咲きのスタートであった。


しかし、最初は反対していた両親も


夢を諦めずに地元の小さなショップに勤めながら

接客の修行に励んだりと