【知られざる原宿Cawaiiの闇】元ショップ店員が語る、パワハラや低賃金に怯えたブラックな記憶

1 / 4 ページ

芸能人への接客・憧れの東京暮らし・・夢に向けて全力で走り続けた準備期間




ある晴れた日のこと。


眩しいくらいの太陽の下、全速力で高校から帰宅したわたしは

コンビニで購入した雑誌、『Cutie』の新刊を取り出し

ベッドの上でワクワクしながら無我夢中になって読み漁る。


そう、わたしは当時現役のショップ店員として働く、超憧れの読者モデルがいた。


わたしはとにかく彼女の原宿系コーディネートや

ヘアスタイルを真似ることが本当に好きだった。


雑誌を開くたびに周りにはイオンかしまむらしかない

”ど田舎・九州”在住のわたしは


わたし
『なんでわたし東京でうまれてこんかったと~?』
わたし
『読者モデルみたいに仕事帰りに原宿で買い物したーい!』

と、毎日ため息ばかりついていた。


両親にも”上京したい”という話はするものの、

田舎娘のあんたが東京に行ってやっていけるわけないたい!
東京はお前の想像以上に厳しいとこだぞ・・

と最初は大反対!!


2~3ヶ月間、家出をするほどの大喧嘩をしたこともあった(笑)


説得には高校卒業後、2~3年という月日がかかった。


出来ればわたしの理想としては


19歳くらいから憧れの地、原宿にてショップ店員をスタートし

21歳くらいでトップのカリスマ店員になる・・

という形が最も理想的であったが


わたしの場合、上京&ショップ店員デビューは

自分の”未来予想図”と違ってかなり遅咲きのスタートであった。


しかし、最初は反対していた両親も


夢を諦めずに地元の小さなショップに勤めながら

接客の修行に励んだりと

地道な努力を行うわたしの姿を・・


そう、誰よりも1番暖かく見守るようになっていた。

あんたが好きなようにやりなっせ(やりなよ)


貯金が貯まるまでここにおるたい(いていいよ)


そんな風に少しずつ、私の夢を一緒に支えてくれるようになったのだ。


とにかく早く上京資金を稼ぐべく、

土日は毎回出勤・多めにシフトを入れてもらったり

昼ご飯は節約手作り弁当を作る等して、出来る努力は全て行った。


もちろん、慣れない接客に時には戸惑いもあったし

もともと泣き虫なわたしは休憩中、当時乗っていた愛車の中で

周りのスタッフに隠れながら頬を濡らすこともあった。


でも、わたしの頭の中は常にこんなことでいっぱいだった。


わたし
原宿に就職したら、芸能人の接客もできるかな?
わたし
パステルカラーのワンピを着て竹下通りを歩きまくりたい!

等々、どんなに辛い試練があろうとも

こういった『マイ妄想ストーリー』が1番の原動力になった。


何より、周りの友人らは医療事務や保育士等安定的な職業に勤めるも

わたし自身、”無難な生活”には一つも魅力を感じることができなかったのだ。


一度きりの人生だからこそ、やれることはやりつくし

キラキラとした夢を常に追い続けていたかった。

わたし
原宿や渋谷の女子のカリスマになってみせる!!

そんな大きな野望を抱きながら、

上京への準備を着々と進めていくのであった。

ついに夢の原宿CAWAIIの世界へ~短すぎる幸せと待ち受ける闇~



ようやく上京資金の準備が整い、

わたしは花の都『東京』という大舞台へ舞い降りた。


当時はかなりのアナログ人間、

そして地元でも切符しか扱うことがなかったわたしは


TVで噂になっていた最新ICカード『Suica』を品川駅にて

慣れない手つきで購入したことを今でも鮮明に覚えている。


パンパンに詰めたキャリーバッグを抱えながら

どうにかギュウギュウの山手線へと滑り込む。


『次は〜渋谷〜渋谷〜』


車内から流れるアナウンス。


渋谷駅のホームから見える、ドラマの宣伝広告。


地元では絶対に見かけることのない

ピンク色の髪色の女の子や


大きなヘッドフォンを耳に装着し、

顔面ピアスのバンドマン風の青年。


電車の中だけでもわたしにとって眼に映るものすべてが

新鮮で仕方なかった。




そしてついにわたしは・・


長年の夢であった原宿SHOPの面接にも一発合格し、


住む場所も古着やアーティストの卵が育つ街、高円寺に決まったりと

何から何まで最高のスタートであった。


『生きてるって本当に最高!!』


両親との葛藤、辛かった修行時代を思い返すと

そんなHAPPYな感情を、心の底から余計に感じ取ることができた。


そして初出勤の日・・

みんなの読んで良かった!

他1コメント
STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。