【知られざる原宿Cawaiiの闇】元ショップ店員が語る、パワハラや低賃金に怯えたブラックな記憶

2 / 4 ページ


金髪で巻き髪のスタッフや首から大きなクマを下げたスタッフらが

笑顔でわたしを受け入れてくれた。


同時に、身長140センチの小人のようなキュートな店長にも

初めて会うことができた。(※面接は本社の社員さんだった)


初ミーティングでは


店長
『とにかく自分をアイドルだと思って、自分とお店のファンを増やしましょう』

と、一般企業のミーティングよりもどこかファンタジーで

何倍も楽しい初ミーティングを経験することができた。


そしてわたしが初出勤の数日前にも、


・北海道から上京してきた元牧場勤務のスタッフ


・シンガーソングライターで大阪出身のスタッフ


などなど、

個性的で魅力的なスタッフが沢山デビュー(仲間入り)していた。


『みんな夢を持って上京してきたんだなぁ・・』


”雑誌の世界から飛び出だしてきたような

とても刺激的なスタッフ達と原宿の街で過ごすこと”


ただただ、これだけでも

元田舎娘のわたしにとっては最高に幸せなことだった。


そして初出勤の日から数ヶ月後・・


九州時代に積み上げてきた接客ノウハウを活かしつつ

わたしはみるみるうちに顧客を増やし

売り上げ1位という結果をも生み出すことができた。


お店のスタッフからも『接客といえばMINTO』と

徐々に認められるようにもなった。


しかし、心から楽しいと思える時間は、”ここまで”であった。。


本店に招かれたMINTO、少女が目にした原宿の闇とは・・



ある日のこと。


バイヤー兼マネージャーがうちの店舗に珍しく顔を出しにきた。


年齢も30代前半で世界中を飛び回る敏腕マネージャーで

見た目はぱっと見イケメン上司だが、


スタッフの間では以前から”かなりの変わり者”と

あまり良い噂を聞いたことがなかった・・

マネージャー
『MINTOさんいる~?』

お店に来て早々、わたしの名前が呼ばれた。


『竹下通りの路地裏でちょっと話そう』と誘われたわたしは、

紙パックのリプトンを片手にマネージャーの喫煙タイムに付き合った。

マネージャー
『聞いてるよ~売り上げ上げてくれてるんでしょ?ありがとうね』
わたし
『と、とんでもないです!接客好きなので働かせてもらえるだけで嬉しいです。』
マネージャー
『今本店のスタッフ3人いるんだけど問題児ばかりでさ~、なかなかうまくいってないわけよ』
マネージャー
『どう?MINTOさん本店こない?君なら絶対変えられるよ』
わたし
『ええ!是非^^!』

なにごとも経験だ、と思ったわたしはすぐにイエスと答えた。


しかし、その一言があとで最悪な事態を招くとは予想もしていなかった・・



本店でついに働き始めたわたしは『問題児って・・どんな子たちなんだろう?』


『もしかしてめっちゃ性格悪いとか><?』と数日間は不安な気持ちを抱きつつ

じっくりと様子を見ながら過ごしていた。


しかし、実際はどの子もいい子ばかりですぐに打ち解けることができた。


特に同じ杉並区に住む女の子は九州・沖縄出身ということもあって

意気投合し、帰り道におしゃれなBARに寄ってお酒を交わしたり、

互いの家へお泊りに行くほどの仲だった。



『何も問題ないじゃないの・・』と疑問に思っていたが、ある日のこと。


1番仲良しのスタッフがマネージャーにストック部屋へ

連れて行かれたのである。


ストック部屋は密室で、鍵も付いていた。

マネージャー
『なんで売り上げ上げれねえんだよ!!!』
マネージャー
『このバカが!!死ね!!』

とものすごい暴言が聞こえてきたのである。



完全なるマネージャーのパワハラだ。



そして被害はその子だけではなかった。


マッシュカット風のきれいめスタッフも連れて行かれることも

何度も目撃したし、何よりわたし自身も・・


ストック部屋へ在庫を取りに行った時のこと。


なぜか突然マネージャーもストック部屋に入ってきたのである。

マネージャー
『知ってる?タレントの優香自殺したんだって~』
わたし
『え!?いつですか?』
マネージャー
『今朝だよ、今朝!おれファンだったのにな~』

と言いながらドアをバン!!!と故意に締めて出て行ったのである。


気になったわたしは休憩中に優香に関する事件をスマホで調べるものの

そんなニュースは一切乗っていなかった。


わたし自身はこの程度の”おちょくり”で済んだものの

毎日のように怒鳴られるスタッフの様子を見ていられなかった・・


わたし
どうにか改善できないのかな・・

高円寺のボロアパートの片隅で眠れないくらい考える夜もあった。


ある日の事。


ちょっとした修行を兼ねて、身長140センチのキュートな店長と

合計873ストーリー! カタリエ へのご投稿、

ありがとうございました!

著者のMinto Santoさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。