闇を切り裂きタブー解禁。15年間書きためた原稿がやっと本になった出版記念に、実家のお寺で緊縛イベントをやってみた。

1 / 12 ページ

私の実家はお寺です。

ひさしぶりに帰ってきた実家には

ものすごくでかい犬がいた。

名前はポピー。

ゴールデンレトリバー。

家の中で家族と一緒に生活する

この大きな犬は

階段をおりようとすると、

押しのけるようにして先をいき、

散歩にいきたいときは、全身で吠える。

無視すると、自分で扉をこじ開け、

勝手に散歩にいく。

気がすめば帰ってくる

かなり、自由な犬。



脱走すると、かならず二つ山公園というところにいて、

女子高生やおじいさん、誰かとお茶をしている。


とにかく人が好きで犬が苦手だろうが

関係なくおかまいなしに人になつく。


ひさしぶりに帰ってきた福島で

ほとんど友達がいなかった私は

ただポピーの散歩とお寺掃除にあけくれていた。


ポピーを車に乗ってけて川に行って、蕎麦食べて。

じょじょに福島の魅力を再発見しはじめたころ。


部屋で掃除をしていたら、

インスピレーションがおりてきた。


『写真を集めて一冊の写真集をつくる』


私はイメージに打たれたように

部屋の中をうろうろと歩き回って

これをぜったいに作ろうっと決意した。


福島を英訳するとHappy Island。 

それなら「幸せ」という、テーマで写真を集めよう。

生まれ育った福島という場所でつくる写真集。

私は企画書を書くと出あう人にくばってあるいた。

みんなの読んで良かった!