元引きこもりのクズ学生が、一念発起して外国にも行かずに4ヶ月で英語ペラペラになった話。

1 / 2 ページ



外国にも行かず、英語を身に付けることは誰だって出来る。

僕は、こう信じて疑わない。

なぜなら、僕自身がその経験をしたからである。



中学生から高校生までの僕は、まごうことなきクズ学生であった。

中学時代は引きこもり、家庭内暴力と自傷行為を繰り返した。



高校生になっても引きこもりが治ったぐらいで、腐った人間性はちっとも変わらず。

相変わらず全く勉強せず、ただボケーッと時間が過ぎるのを待つ無気力な学生だった。

ほとんどの教科がチンプンカンプンで、授業は基本的にお絵かきの時間。

お蔭で絵の能力だけは飛躍的に向上したものだ。



高校三年生の進路相談。

「大学行きたいです」と言った僕に、呆れ顔の担任はこう言った。



「あのなぁタケよ…。まず留年せずに高校を卒業することから考えろ」



ごもっともな意見だ。

数学や物理など、苦手な科目は基本的に0点

まともに勉強したのは数年前という惨状であった。

僕が留年せずに卒業出来たのは、担任の温情と、元トップ営業のオヤジの交渉術のお蔭に違いない。

今度オヤジに会う時は、当時の交渉術について話を聞いてみようと思う。



さて、そんな状態だった僕は当然、現役時はどこも受からなかった。

浪人時には多少勉強するようになったが、元の学力があまりに低すぎた為、どの大学も受からない。

聞いたこともないような大学にすら受からなかった。

たしかどこかの大学の夜間にも落ちたと思う。



「神様仏様、今まですんませんでした。更生するので、どうか受からせて下さい…」



最後の試験となった、立命館大学の試験。

これに落ちたらフリーター決定と、親には言われた。



自分の過去の愚行を恥じつつ、試験までの2週間、一日15時間は勉強した。

その結果。奇跡が起きた。

なんと前日に見た問題がそっくりそのまま出題されたのだ。



この奇跡のお蔭で、僕は晴れて立命館大学に合格した。

結局、僕が受験した中で最も難関の大学に受かったのである。



しかし、手放しで喜べる状態ではなかった。



まず、マグレでの合格である為、学力が大変に低かったのである。

教授が当たり前のように話す内容が、おバカの僕には理解不能だった。

特に、帰国子女を多く抱えるクラスでの英語の授業が、苦痛そのものだった。



さらに、家庭の事情により、アルバイトで学費を稼がねばならなかったのだ。

それまで一度も働いたことがなかった僕は、大学入学と共に力仕事を始めたのである。

元来超がつくほどナマケモノの僕にとって、この労働は大変こたえた。



さて、立命館大学は、比較的裕福な学生が多い。

私立だから当然かも知れないが、学生と話しているとストレスを感じることも多々あった。



(親から仕送り20万やと?どこからそんな金が湧くんや…)

(クソッ、バイトもせずのうのうと遊びやがって…)

(こんな遊びほうけてるヤツらでも喋れてる英語を話せない俺って…)



今考えれば、中学生から高校生まで何の努力もせず遊び倒した僕よりも、彼ら学生は数百倍まともな人生を送っていたに違いない。

失礼にもほどがありすぎる。

もし当時にタイムスリップするならば、僕は「お前が言うな」と開口一番言うであろう。



ただ、当時の僕は、彼らと自分の身を比較し、怒りすら覚えた。

あまりに高い学費を負担する為、両親は身を粉にして働き、僕も必死に働いていた。

今まで迷惑をかけてきた分、少しでも両親を楽にさせたかったのだ。

ちょっと身勝手なものだったが、そんな怒りがバイトへの原動力になったと思う。



そんな中知ったのが、優秀な学生を対象にした奨学金制度である。

大学の成績上位数%の僅かな学生に、返還の義務がない奨学金が付与されるのだ。



「きっと勉強で結果を出せば、親は喜ぶに違いない」

「さらに奨学金をもらえるとなれば、家計にも大きく貢献できるで」



こうして僕は、奨学金ゲットの為に頑張ることを決めた。

その中でも重点的に取り組もうとしたのが、苦手かつ多くの授業に関わってくる英語である。



ただ、「勉強?何それおいしいの」状態の僕である。



まずは大阪梅田の紀伊國屋書店にて、英語の勉強法について書かれた本をしこたま立ち読みした。

活字とまともに格闘したのなんて、何年ぶりだろう。

頭が痛くなりつつも、その頭の痛みを心地よく感じる自分がいた。

「あぁ、俺って今、勉強してるんやな!!」



かれこれ10冊ほど読んだだろうか。

すっかり英語の勉強法マニアになった僕は、何となく「出来る」という確信めいたものを感じるようになった。

ただ、当時の英語力は、TOEICにして400点ほどというお粗末なものであったが…。



「どうせやるなら不可能に挑んだる」

「半年間で英語ペラペラになったる!!」

「帰国子女のヤツらのレベルは難しいかもやけど、1年か2年留学したヤツらを抜いたるねん」



メラメラと闘志が燃えた。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。