一番大切なものから目をそらすな~カップルの会話から学ぶ人生論~



彼とのお酒の席。

またしても、事実の言い合いになった。

彼(Tくん)
ゆかちゃん、さっき自分で酔ってるって言わなかった?
ゆか(私)
言ってないよ?
彼(Tくん)
言ってたじゃん、
「私酔ってるからどうのこうの」って
ゆか(私)
いってないよ。
Tくんはわたしの言葉を自分のいいように解釈して、変えちゃうことよくあるよ。


わたしは、会話の細部を結構覚えている。
(全部ではないけど、ポイントだけ)

会話には、より良いパートナーシップを築くためのヒントが隠されているので

集中して話しているのだ。

だからこうして記録もできている。


彼は、私の話を自分の都合のいいように変えて、話を誇大化させることがある。

でも今までは、わざわざそれにつっこむ程ではなかった。


しかし今回は、彼が誇大化した解釈をすることで、私が悪者になるような感じで

それがいやだった。

だから、自分が言った言葉を正確に思い出して伝えた。


すると


そっか!

すんなり納得してくれた。

事実が彼に伝わったのだ。

よかった。


しかし、なんだか心が痛かった。



「わたしの事実を伝えるんだ!無実を証明してやる!」

と、頑なに思っているときは、自分を守りたいという気持ちが働いている。


でも、最終的になりたい姿は、事実をわからせて、勝ち負けをつけるふたりではなくて

「わかりあえるふたり」だ。


事実を説明したときの私は「自分を守りたい」という気持ちしかなかった。

目指したいはずの「わかりあいたい」ことに対する言動を欠いていた。

だから、後味が悪いのだ。


今後事実の言い合いがあったら、こうしよう。


不満を抱かせてしまった」

という事実に対し、

「ごめんね」

と謝る。


「私はこう言ったんだけど」

という事実を言う


「あなたにとってはそう聞こえたのね」

という相手の事実を言う。


与え、与えられる関係は一方通行では築きにくい。

自己主張も、相手の主張も拾うこと。

それが、認め合うということ。

受けとめるということ。


目標を叶えるために、いま自分はどんな行動をすべきか。

それをうまく選択していくために、

なりたい自分の姿をいつも念頭に置きたい。


一番大切なものから目をそらすな。

わたしがわたしであれば、

あなたがあなたであれば、

きっと、すごい化学反応がおきるから。

著者のtoto momoさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。