【おしゃべりな胎児⑩ 〜胎児の声を聞こえないふりしたら〜】子宮と胎児が教えてくれたちょっぴり不思議でおもしろい妊娠と出産のおはなし

1 / 5 ページ

前編: 【おしゃべりな胎児⑨ 〜ママのことが知りたいの〜】子宮と胎児が教えてくれたちょっぴり不思議でおもしろい妊娠と出産のおはなし
後編: 【おしゃべりな胎児11 ~もういいかい♪~】子宮と胎児が教えてくれたちょっぴり不思議でおもしろい妊娠と出産のおはなし


◆第十話◆ 〜胎児の声を聞こえないふりしたら~




まさこさん
妊娠中はたくさん胎児とお話しして、胎児の言うことをしっかり聞いてね。
全部赤ちゃんが教えてくれるから。


そうアドバイスしてくれたのは、私のお腹にやってくる前のペルたんとのコミュニケーションのきっかけをくれたまさこさん


そして本当に、胎児の言う通りにしたら妊娠して、つわりもなくなり、旦那さんともさらに仲良くなり、仕事の流れも良くなっていったのです。








では、もし胎児の言うことを聞かなかったとしたらどうなるのでしょうか?



お腹の赤ちゃんが伝えてくること。

 

もし、それを聞かなかったとしたら・・・

もし、聞いているのに「聞こえないふり」をしたら・・・




もちろんわざとそんなことを実験してみたわけではありません。


妊娠7ヶ月頃だったでしょうか。

ついつい目の前のことや、やらなきゃいけないことにかまけてペルたんを感じることが前よりも少なくなっていた時期がありました。



その頃はいつ頃から産休に入ろうかと悩んでいた頃です。


身体を使う整体施術のお仕事。

初めての妊娠だったこともあり、正直いつまでできるものなのか分からなかったということもあります。

お腹が大きくなり、だんだんと身体がしんどくなってきても「せっかく私の施術を受けたいとご予約いただいたのだから」と、少し無理をしてしまっていました。




前にペルたんも『ママのやりたいようにすればいいよ』と言ってたし!
見守ってくれてるはず!

みんなの読んで良かった!