【海外駐在】プチ鬱の引きこもり主婦が起業してセレブ主婦になるまで 第五話

3 / 4 ページ

前話: 【海外駐在】プチ鬱の引きこもり主婦が起業してセレブ主婦になるまで 第四話
次話: 【海外駐在】プチ鬱の引きこもり主婦が起業してセレブ主婦になるまで 第六話



おぼろげながらやりたいなーと思っていたのは


「もっと働き方を自由にすること」




自分が香港に来て仕事を辞めざるを得なくなって


「会社で働くから自由じゃなくなるのだ」


とわかった。




一方で、


何も、出産と同じ月に、

海外赴任しなくてもいいじゃん


とか、


もうちょっと家に早く来てくれれば、

私のプチ鬱はなかったかもしれない。


とか


『旦那が会社の言うとおりにしか動かないこと』にも

すごく憤りがあった。



もちろん必死で働いている旦那は尊敬するけど、


「働き方」をもっと自由にしてくれれば言うことはない。






とはいえ、



じゃあ何をやればいいのだろう??


私に何ができるのかな??



人を自由に働けるようにする


コーチやコンサルタントになりたいけど、


そもそも自分がそうなってないじゃん。。。




うーーーーん、どうしよう??



これまたホリエモンの言うことを参考にした場合、


「とにかく、何でもやってみるしか道は開けない」


「ノリのいい人間になるべき」


「何がどうつながるか分からない」


だということだった。





なので、とにかく何でもいいから

とにかく動いてみることにしよう!!


何かヒントが見つかるかも!



とりあえず、

香港で独立して働いている日本人女性が身近だと思い、



そんなに手作りアクセサリー興味もないけどw


ビジネスモデルが知りたくて


手作りアクセサリー講座に行ってみたり






(ちなみに私は手先が器用なので

思いの外上手にできて、

先生になろうかと一瞬だけ思ってしまいました)




そんな事がお金になるのねーと感心しながら


香港フードツアーという街市をめぐるツアーに行ってみたり。






趣味や好きなことと垣根のない仕事って楽しそう。

とこの時思います。




ある日は、


インターネットで「在宅 仕事」と検索して、


BUYMAというサイトを発見。


海外在住のバイヤーが日本向けに日本未発売の

著者の大東 メグミさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。