食文化が違うエストニア人に唯一馬鹿受けした日本食、それは「◯◯○」(エストニアどうでしょう⑲)

1 / 3 ページ

前編: 欧州フード戦争 イタリア VS フィンランド  日本 VS エストニア 身近で起こった食文化の摩擦に恐怖した話  (エストニアどうでしょう⑱)

魚を生で食べるのはありえない。焼き魚は煙が臭いのでNG。僕が作ったおかゆにはリンゴジャムをかけて食べる。そんな国で日本食が通用するのか?

 前回のエピソードでは、エストニアの人たちと日本人の食文化は根本的にかなり違うということを書いた。そんなエストニア人たちと食を通じてお互いをすることは可能なのだろうか?もっと言えば僕が作った日本食を食べてもらって「これはうまい!」と言ってもらうことは可能なのだろうか?

 僕はこの「おかゆジャム事件」以降、エストニア人から日本食を気に入ってもらうことを半ば諦めてしまっていた。シュールストレミングと酢漬けのキャベツを食べる北欧の人たちに日本食を理解してもらうのは不可能なのだと感じていた。


人にもよるけど、北欧ではこういうのはあまり好まれないらしい↑

しかしそんな絶望を吹き飛ばすほどの絶賛をいただいた日本食があった。


それは・・・・


カレーライスである。


カレーライスである


カレーライスは完全な日本食

なにがし
おい待てよ。。カレーライスはインドやろ

そういう声が聞こえてきそうだが、インドのカレーは日本のカレーライスとは似て非なるものである。日本のインド料理レストランは日本向けに味がローカライズされているので日本で売っているインドカレーでは参考にならない、ぜひ本場のインドカレーを食べに行って日本のカレーとどれほど違うのか、その差を体験してきて欲しい。(カレーの味の差を確認するためだけに行ってきて欲しい)


なにがし2号
カレーライスの起源はイギリスやろ。


たしかにカレーは昔インドを支配していたイギリスから入ってきたという説もある。が、イギリスの「カレー&ライス」もやっぱり違う。(イギリス人も中々のカレー好きみたいだけど・・・)日本にカレー文化が入ってきてもう100年を超えている。起源がインドやイギリスでも、やっぱりカレーライスは日本独自の食文化なのである。中国から入ってきて独自発展を遂げたラーメンのように。

日本のカレーも寿司に負けない世界的ブームになってほしい

海外では誇張表現無しで寿司がブームだ。大国から小国まで様々な国でこの目で見たから間違いない。ヨーロッパに行くと寿司のレストランが山程あるし、どこのスーパーにも寿司のパックが置いてある。とは言ってもヨーロッパの寿司レストランはベトナム人やタイ人が自国の料理と同時に寿司を売るというような寿司人気に便乗したようなお店が多い。もちろん味は残念ながら「まずい店」も多いし、良くても「そこそこ」な味であることの方が多い。日本で言ったら味は回転寿司にも負けると思う。ラトビアでは「最も評判の良い寿司屋」で食べた寿司がシャリがカチカチのシロモノであった。彼らは日本人が握った寿司を食べたことすらないのではないだろうか。見よう見まねで作った劣化コピーに劣化コピーを重ねているのではないだろうか。まるでVHSテープに記録された映像のようである。(2000年以降生まれの方、例えが分からなくてすいません。)それでも彼らが寿司を売り物にしてやっていけるのは、本物の寿司を握ることが出来る技術を持った日本の寿司職人が海外に進出していないからである。日本の腕のある、もしくは舌の肥えた寿司職人が海を渡れば、世界のSushi産業全体のクオリティの底上げになり、どこに行ってもおいしい寿司が食べられるようにもなるだろう。(ただしタリンのアメリカ大使館の近くにあるお店amjamiだけはエストニア人の寿司シェフが日本人から修行を受けていて味は完璧なので是非行ってみてください。)


日本人とカレー

それにしてもなぜ世界で寿司が流行ったのに、なぜ日本のカレーが流行っていないのか。だって日本人って寿司よりカレーの方が食べる頻度高いでしょ、回転寿司が日本国内でこれほど普及したと言っても。つまり日本人は概して寿司よりもカレーの方が好きだと僕は思っている。いやどっちも好きだと思うが、毎日食べるのにどちらかを選べと言われたら、カレーが好きな人の方が多いと僕は思う。日本人とカレーは絶対に不可分だ。日本政府がカレーを禁止にしたら暴動かクーデターが起こってもおかしくないと思う。日本人は基本的には礼儀正しいが歴史的にも「米不足」など食が関わった時には本気をだす。現代版米騒動による打ち壊しがショッピングモールの食品コーナー目掛けて発生していくだろう。少なくとも僕は起こす。


僕の作ったカレーがエストニア人にウケた

僕の作った日本のカレーがエストニア人から喜ばれた。

それは日本の食事を作って外国の人に喜ばれた初めての体験だった。

カウチサーフィンでエストニアを代表する島の一つヒーウマー島に行った時のことだった。たくさんのエストニア人とともにヒーウマー島を散策し、疲れきっていたところに、僕が日本のカレーを作ったのだ。


調理は手伝ってもらった




みんなの読んで良かった!