欧州フード戦争 イタリア VS フィンランド  日本 VS エストニア 身近で起こった食文化の摩擦に恐怖した話  (エストニアどうでしょう⑱)

1 / 2 ページ

前編: 北欧料理を食べた感想 (エストニアどうでしょう⑰ )
後編: 食文化が違うエストニア人に唯一馬鹿受けした日本食、それは「◯◯○」(エストニアどうでしょう⑲)

ヨーロッパでも地域によって異なる激しい食文化の差


まずはネットの海から拾ってきた下記の画像をご覧いただきたい。

これはヨーロッパの中でも特に食にうるさいイタリア人から見たヨーロッパの料理の評価を表した画像である。

イタリア人からすると「イタリアから離れれば離れるほど料理はおいしくなくなる。特に北に行けば行くほど不味くなる」という見解のようだ。

上から翻訳すると。

●有毒

●芸術的なまでにおいしくない

●文字通り 味がしない(tasteless)

●太る食事

●注意が必要

●ほぼ安心して食べられる

本物の食べ物


もちろんこの画像はステレオタイプを皮肉ったジョーク画像だが、この画像に書いてあることは当たっていると言えなくもない。イタリアから東西南北に離れるほど食べ物が不味くなるかはさておき、南に行けば行くほどおいしくなる傾向は確かにあると思う。

でも仮にこの画像で言われているイタリア人や日本人である僕が「ヨーロッパは南に行くほどご飯がおいしい」と感じたとしても、やはり食べ物の美味しい美味しくないは何処まで行っても食べた人の主観である。言ってみれば元々の食文化の違いだ。なのでもしイタリア人と北欧人が自国の食事の魅力について論争を始めたとしても両者決して譲ること無く、議論は平行線を辿るだろう。


そして今回はそんな食に対する価値観の違いが原因で、僕の身の回りで実際に繰り広げられた食文化摩擦(≒フード戦争)の事例を紹介したい。


イタリア VS フィンランド (第1ラウンド)


開催場所:ヘルシンキ(フィンランド)

これはヘルシンキでカウチサーフィンをした時に、僕を泊めてくれたフィンランド人のお婆さんとその家にカウチサーフィンをしに来たイタリア人のお婆さんとの間で起こった出来事だ。イタリア人とイタリア人から「有毒」と名指しされたフィンランド人の対決だ。


一体どうなるのだろうか。それでは見てみよう。


フィンランドのお婆さん
お食事にパンとチーズとハムをどうぞ
イタリアのお婆さん
もぐもg・・・・
うわマズ!なんやねんこれ・・・
味せえへんやん・・・
フィンランドのお婆さん
そう・・・それじゃあコーヒーをどうぞ・・
イタリアのお婆さん
ごくごk・・・なんやこのコーヒーあじうす!
こんなんコーヒーとちゃうわ!
イタリアのお婆さん
飯もコーヒーもまずい、おまけに見るとこ無い。最悪やなここは!
フィンランドのお婆さん
おたくなんでフィンランド来たの?
イタリアのお婆さん
もうええわ、帰るわ。自分1回イタリア来てみ?ホンマ。ホンマモンのコーヒー飲ませたるわほんま。まあ多分濃すぎるからいらんって言うやろけどな!
フィンランドのお婆さん
ああそう!じゃあ帰りなさい!
イタリアのお婆さん
ああ帰るわ!ほな!
イタリアのお婆さん
ドンッ(玄関のドアを閉める音)


このエピソードにはフィンランドのお婆さんの主観が多分に入っているのだが、残念ながら二人のカウチサーフィンはこのような悲しい結末を迎えてしまったのは事実なのだ。二人は同世代であり、そして双方共にヨーロッパ人である。それでも食文化の大きな違いがこのような悲劇を産んでしまったのだ。フィンランドとイタリアは地図上では同じヨーロッパにあっても、両国民の味覚の距離はあまりにも遠かったのだった・・・


エストニア VS 日本 (第2戦)


これは僕がエストニアのとある地方都市にカウチサーフィンで宿泊した際のエピソードだ。僕はエストニア人の彼に泊めてくれたお礼に朝食に日本式のおかゆを作ってあげることにした。さらにスーパーで売っていたノルウェー産のサーモンをお刺し身として付け合わせにした。


日本式のお粥を作りました(永谷園のふりかけがかかっている)
サーモンのお刺身とセットでどうぞ
エストニア人の彼
うわーありがとう!もぐもぐ
エストニア人の彼
・・・・・・・・・・・


10分後・・・・


あれ?ちょっとしか食べてない・・・・
サーモンもおかゆも残してる…
もしかして合わなかった?
エストニア人の彼
そんなことはないよ。もうお腹一杯になっただけなんだ・・・(←建前)

さらに10分後・・・・

みんなの読んで良かった!