就活から逃げてピアノを始めたらド素人が8ヶ月で最難関の英雄ポロネーズが弾けてしまった話(音源あり)

1 / 8 ページ

最近、YouTubeに昔弾いたピアノの音源をアップしたら「勇気をもらった」「感激した」と言っていくれる人が結構いた。なので当時の体験をシェアしたいと思う。


この話は僕が起業した後の人生の教訓にもなっているので、もし今何か挑戦していることがあれば参考になれば嬉しい。


親のような真面目なサラリーマンだけにはなりたくない


銀行マンの父と証券ウーマンの母の間に生まれた僕は、とにかく両親のような生き方が嫌で嫌で仕方なかった。

なんで学校変わらなアカンの?
母親
父さんの勤め先の支店が変わるんよ。
なんで変わるん?
母親
上の人が言われたら従うしかないんよ
従わんかったらどうなるん?
母親
銀行におったら上の言うようにせなあかんのよ


上司の命令1つで転勤が決まる転勤族。
そのため僕は転校を繰り返していた。


小学校は3校行ったし中学校も2校行って義務教育だけも5校も行ったので、
常に会社にすべて支配され続けていることは小さいながらも身を持って体験していた。


僕は親の生き方を反面教師にしてその反骨精神を原動力にしいていた。


「普通に大学に行って就職とか墓場やわ」とか言って粋がっていた。
ただの中二病でしかないし、今思うとマジでクソすぎ。


就職する以外の道を模索して芸大に入り、台本を書くライター・映像の編集・Web制作など何でも屋のようにやってみるものの3000円とか4000円とかしか稼げない。


こんなので生活できるほど世の中甘くはなかった。


高校時代からの仲が良かった友達は、週刊ジャンプの手塚賞を獲って集英社の担当者がついて、卒業前の時点でもう大きな仕事をしていた。


正直羨ましすぎた。


僕は何の才能もないし、オワタ\(^o^)/
ほんとうに社会のゴミだと思っていた。


時は過ぎ1年後には卒業。


モラトリアム期間は終了し、仕送りはストップされる。


でも「就職するぐらいだったら死んだ方がマシ」という中二病は治らない。


就活は嫌だ!ヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダ!やりたくないことは絶対やりたいくない!



就活がイヤ過ぎて現実逃避


当時、キャンパスライフが描かれたドラマが放送されていた。僕とは全く真逆の充実したキャンパスライフの内容だった。


妻夫木聡と柴咲コウが出てたやつ。そこで、難聴のヴァイオリニスト役をしている柴咲コウがピアノを弾くシーンがあった。


その曲を聴いて「おーこの曲めちゃいい!!」と思った。で、今までにピアノなんか弾いたことないのに、この曲ピアノで弾けたらいいなあと。


みんなの読んで良かった!