「騙される奴が悪いだと!?騙した方が悪いに決まってる!!」

2 / 4 ページ

>

>これは、

>日本で海外投資詐欺を働く人間が、

>当たり前のようにやっていることです。

>  

>今回はまさに、

>この鉄板のセオリー通り。

> 

>「信じていたローカルが

> 詐欺行為を働いてばっくれた!

> 取り戻すためにローカル代表を

> 訴訟をしている。」

>  

>・・・です。

> 

>すでにこういう、

>「焦げ付き」を起こしてしまった事自体、

> 

>全ての矛先は、

>僕たちが信用・信頼して出資した、

>Dさん(投資案件の企画者)

>ただ一人に向けられるのは、

>当然のことだと思います。

>  

>「焦げ付かせた」事実を元に、

>冗談抜きで投資詐欺だと思っています。

> 

>僕も何度も沢山の私財を

>「私募ファンド系」で飛ばした後、

>多少は成長しまして、

> 

>「様々な方面の人脈」も構築しまして、

>上記のような「海外投資詐欺鉄板スキーム」を考慮して、

>  

>「僕のお金」を飛ばした

>「企画者張本人」は

>絶対に許さない!

> 

>僕には、

>人徳も見栄もプライドも、

>一切いりません。

>性善説などもいりません。

>  

>いるのは、

>僕が出資したお金を、

>返してくれるかどうか

>という部分だけです。

>  

>バカでアホかもしれませんが、 

>このシンプルな思考にもとづいて、

>行動していきます。

> 

>真田孔明

 

・・・という内容のメールを、関連した方々をCCに入れて投資案件の企画車本人に送付。


・・・実際は、僕のパートナーの認識・見解の違いもあり。僕が2012年に多額の現金を出資した、該当案件は今日時点ではまだ、「飛んでイスタンブール」になっていなかったようだ。。

  

その案件を、サポートされていたAさんから、状況フォローアップのメールを頂戴したし。

 

その後、関連した方々全員をSkypeで接続する形で、約4時間に渡る、Skypeミーティング。

   

まだ今日時点では、「飛んでイスタンブール」になっていないことが判明した。

  

>お疲れ様です。

>ご説明ありがとうございます!

> 

>今回の案件は、

>Aさんのサポートのお陰で

>まだ飛んでいないのですね。

> 

>けれども、

>逆に言えば、

>Aさんが

>サポートしてくださっていなければ、

>投資案件がすでに、

>飛んでしまっていたのですね。。

> 

>もともと新興国の所得層や倫理観念が

>日本人と比べて圧倒的に低い◯◯の方々は、

>この手の案件で、

>金のやり取りや、

>決裁ルールを少しでも甘くすれば、

>裏切ってくる。。。ということは

>想定の範疇。

> 

>現地人の担保を持って、

>投資案件を遂行していないことも、

>おかしなこと。

> 

>これを、

>「予想外だった・・・」とは

>いうことは、

>企画者当本人は

>言うことはできないはずです。

>  

>もともと、

>現地人をコントロールする、

>仕組・スキームを導入できない経営力では、

>人様のお金を集めて、

>事業を遂行しようと企画と遂行をすること自体、

>まったくもっておかしなことですし、

> 

>人様の血と汗と涙の結晶であるお金を

>「所詮のは他人の金飛ばしても自分は関係ない!」

>と、なめているとしか思えません。

>  

>それを前提での

>「◯万◯◯の出金ルール」という

>僕たち側が信用・信頼している

>唯一の人物でのDさん(投資案件の企画者)が

>担っていた重要な、

>セーフティーネットの役割が、

>機能していなかったことは確かのようですね。

>  

>「企画者当本人・現地人含めての出来レース」と

>疑われてもしかたがないことだと思います。

> 

>するとやはり、

>Dさん(投資案件の企画者)自身は、

著者の真田 孔明さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。