「騙される奴が悪いだと!?騙した方が悪いに決まってる!!」

1 / 4 ページ

◯月財門の僕を金(カネ)で裏切ったら絶対に許さない!

つい最近、2012年に僕が出資をした案件が、 「飛んでイスタンブール」になりそうだと、僕の投資パートナーより報告があった。


以前の僕なら、もしかしたら、「泣き寝入り」をしてしまっていたかもしれない。

  

しかし、今の僕は違う。

  

孔明:「そうだ、僕は戦士であり、軍師だったのだ!」


孔明:「どうせ人間誰しも、老いればあの世に行く。たとえ闘いの中で、命を落とすことがあったとしても、怖くはない。何にも固執しない、未練など残さない!あの世に持っていけるのは所詮、この世で生きた思い出と、三途の川を渡る渡し賃、「六文銭」だけなのだから・・・」

 

孔明:「月財門の僕を金(カネ)で裏切ったやつは絶対に許さない!」

  

・・・僕の「門」と「星」に基づく魂が本来持っていた、闘争本能が発動している状態。

   

「飛んでイスタンブール」になりそうな状態に陥ってしまった投資案件の「企画者本人」に向けてすぐさま、次のような内容のメールを関連人物をCCに入れる形で送付するに至った。 

 

(※実際は↓このメールの前にも6通ほど確認メールを発信しているのだが省略。)

>お疲れ様です。

>

>後、僕たちにとって、

>Dさん(投資案件の企画者)が、

>ミスターR(外国人現地社長)を

>訴訟している云々は

>まったく関係無いです。

>  

>僕の確認したい点では、

>後から参画頂いたAさんも

>失礼ではありますが全く

>関係ありません。

>   

>僕たちにとって、

>飛ばした張本人は、

>Dさん(投資案件の企画者)

>ただ一人です。

>  

>なぜなら、

>僕たちは、

>現地のローカル代表云々ではなく、

> 

>Dさん(投資案件の企画者)

>個人だけを信用・信頼して、

>投資をしているのですから。

>  

>事前の約束があった、

>「◯万◯◯以上送金の時に

> Dさん(投資案件の企画者)が許諾」の

>不正防止ルール含めて。。

> 

>僕も過去に何度も、

>立て続けに投資詐欺の被害に合い

>私財の大多数を飛ばし、

>あれからいろいろと勉強しましたが。

> 

>飛ばしたフリをする、

>投資詐欺をする方法は、

> 

>巷で数百万円の

>ノウハウのフロッピーディスクまで

>出回っている「海外投資詐欺」の

>常套手段です。

>  

>たとえば一例ですが、

>投資案件企画者本人が、

>日本人投資家たちから集めたお金を、

>現地人が代表を勤める、

>ローカル会社に全額出資するなり、

>運用さるなりする。

> 

>投資案件企画者本人は、

>途中で手元に残したり、

>別用途で運用したりすると、

>出資法違反の強いやつにもなるので

>そんなバカなことは

>絶対にやらない。

>  

>集めた現金全額、

>ローカル人が株主・代表の、

>現地のローカル会社に出資なり、

>外部の会社に全額支出をする。

>  

>投資した方々に、

>多少なりとも配当を出した後、

> 

>「鉄板お決まりレース的」に、

>途中で現地人が、

>不正を働くなり、

>行方不明なりで飛ぶ。

> 

>表側では、

>「投資案件企画者」が

>訴訟をしたり、追いかけたりと

>同じ被害者側として

>「演技イベント」を立ち上げながら、

>弱ったふりをして、

>ただただ時間の経過を待つ。

> 

>1年、2年、3年・・・  

>投資した方々が、

>根負けして、

>どうでもよくなるのを待つ。

> 

>そして、裏側では、

>現金でもらったり、

> 

>ローカル名義100%の現地法人の

>ATMカードとクレジットカードをもらってつかって、、

>詐欺を働いた張本人がのうのうと暮らしている。

> 

>つまり、

>ローカル社長に騙された日本人投資企画者と、

>日本人投資企画者を騙したローカル社長

>表向きは訴訟しあったりしてますが、

>最初から最後までもともとグルなのです。

>

>日本の当局が力を発揮できない、

>国のローカル社長が金(カネ)を飛ばせば、

>訴えようがなにしようが、

>日本側は何もできないですからね。

>完全詐欺成立です。

著者の真田 孔明さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。