バランスの薔薇⑥「最高のシチュエーション」

次話: バランスの薔薇④「愛のカタチ」

結婚の祝杯とはなんだろ?

結婚式を行うと家族、友人が盛大に祝ってくれる。それはこれから幸せになる2人の為に贈る祝いなのか、それともこれまでの苦難を乗り越えてゴールした祝いなのか、もしくはただのパーティー好きなだけなのか。

未来を祝すのと過去を祝すのとでは大きく違う。

僕は多くの人に祝われて結婚する事になった。

単純に現在その祝われている事に対して、嬉しかったし幸せな気持ちになれた。

2015年、僕たちGメンみんなで集まって遊んだりする回数が減ってきた。

アホみたいに夜集まって、遊んでいた23歳の時と違い、27歳にもなれば落ち着いてくる

朝も早くて休みの少ない忙しい仕事についたり、みんなの生活は変化していた。

この社会に一人一人に役目という分担されたマスに、ハマっていく感じだった。ポジション探しをしていた

みんな大きく環境が変わっていた。


あのいつも元気な輝樹も、今までお世話になっていたスポーツショップを退職していた。

仕事を辞めてから山口さんともあっていないらしい。

彼女のユカリとは変わらず交際をしていて、順調に続いてる。

みんなはそれぞれ自分の生きる道、守るものを見つけ始めてきている

輝樹もそうだった。輝樹は自分でビジネスを始めていた

仕事の内容は何でも屋さんだ。

いわゆる便利屋さんで人の困った事を助けにいく仕事。いつも誰かの為に動いていた輝樹にとっては、向いている仕事だ。夏場はエアコンのクリーニングや、草刈り、冬場は雪かき等が多い仕事らしい。

僕のパソコンが壊れた時も輝樹に、連絡したら直してくれた。

本当に何でも出来てしまう人なので、向いてる。

2015年、3月下旬。

暖かい季節がやってきて、春の訪れを教えてくれる桜が開花してくる季節に、輝樹にこっそり呼び出されて相談を受けた

「俺、そろそろ便利屋の仕事も軌道に乗ってきたし、マコちゃんも結婚しちゃったし、ユカリにも安心して欲しいから、今年の夏くらいにプロポーズしようと思う。なんかハデに行きたいから協力してくれ!」

世の中の人の生き方としては、自然の流れだった。4年付き合った彼女も、20代後半にさしかかり、周りも結婚し始めてきて、仕事も順調。輝樹は世の中の多くの人の生き方通りの選択をしたのだ

「もちろん、協力するよ!最高のシチュエーションを準備するよ。ド派手にやっちまぉーぜ!!」

僕は企画力には自信があるから、一生の記憶に残るようなプロポーズにしたいと考えた。

これが、僕らや輝樹やユカリちゃんにとって、本当に一生の記憶に残ってしまうプロポーズとなってしまった・・・、



※これは実話元にしたフィクションです。実際の登場人物名、場所は関係ありません。


続きのストーリーはこちら!

バランスの薔薇④「愛のカタチ」

著者の長谷川 邦義さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。