女子大生が世界一周を仕事にする話「【ベトナム】ぼったくり祭!」

1 / 3 ページ

「五ドル?!どこのホテルですか?!」



 イミグレーションでは結局、心配していた航空券については何も聞かれず、バスでラオスへ出国する、とだけ伝えるとすんなり入国できました。トラブル続きの旅の始まりだったものの、わたしの頭はこれからの自由な旅のことでいっぱいでした。学校へも行かなくていい、必死にバイトしなくてもいい、好きな時に好きな場所へ行ける。食べたいと思ったときに食べて、眠たくなったら眠ったらいい。誰も私を縛り付けたりなんてしないし、きっとこれから私の知らないすてきなモノ、人、場所、すべてが新鮮できらきらとしているものばかりなはず。


 ちょっと詰め込みすぎて重たいバックパックの重さなんて関係なく、ずっと足下が3センチくらい浮かんでいるような感じ、今ならこのままスキップだって出来てしまいそう。ええ、浮かれていました。空港から中心街へ到着した私を待ち受けていたのは、安宿街のキャッチのおばあちゃん。連れて行かれたのは、道路に並ぶお店の間の細い路地。本当にこんなところにあるのか?と疑いつつついて行くと、一見普通の家、にこやかに迎えてくれた若い女性。


 さあこっちよはやく上がって疲れたでしょうほらエアコン入れてあげるわ。と、バックパックを背負ったまま上がった三階の部屋、エアコンから降る冷気と今上がってきた階段を思うと、綺麗だし問題なさそうだここにしようとささやく私の全身の筋肉。ここに来て日本にいたころの運動嫌いな自分が恨めしい。自分でまんまとぼったくり宿に入っていくのだから飛んで火に入るなんとか…今回は火ではなくてエアコンの冷気でしたが。


「三泊したいんだけどいくら?」


「三日ね、15ドルよ」


「(さっきのおばあちゃんが言ってた5ドルって本当だったんだ!)じゃあここにします、ベトナムドンでもいい?」


「もちろん!」


 財布を取り出したわたしが、慣れない手つきでえーと、15ドルだからベトナムドンだと…なんてつぶやきながらお札を数えるのを見て、これよこれこれ、3枚ね。といいながらお札を抜き取っていったお姉さん。そのときは宿が決まったことで安心しきっていたのです。


 実は計算の苦手な私がいつも海外で困るのは、お金の計算。日本円になおすといくら、という計算がおそろしく遅い。慣れるまではぼったくられたことに気がつかないなんてことも。結局あとからよく考えてみると、お姉さんが持って行ったお札は五十万ベトナムドン三枚。(100ベトナムドン=約15円)日本円で約六千円。


 高い…高すぎる。到着初日にいきなりベトナムの洗礼を受けて、浮かんでいた気分も沈み、もうベトナム人なんて絶対に信用するもんかと心に決めたのでした。






■日本語には気をつけろ


 朝起きて、行く当てもないまま歩き出し、ファーストフード店のような場所でベトナム風サンドイッチ「バインミー」をほおばり、今日はどう過ごそうか、と考えます。落ち着いて振る舞ってはいたものの、少し不安もありました。微妙な緊張感を引き連れて歩く私の顔はちょっと強ばっていたかもしれません。


 チョロンという卸の市場がある地区行きのバスがあることは知っていたので、バスに乗ってみようと、バス停目指して歩いている途中、突然日本語で話しかけてきたのはやっぱりバイクタクシーのおじちゃん。もういいからと振り切ろうとしたおじちゃんの手には、何やら日本語がずらずら書かれたノート。内容は今まで、おじちゃんがお客にしてきた日本人からのお礼の言葉でした。


『ありがとう!チュンさんがいなかったら私のホーチミンの滞在はこんなに楽しいものになりませんでした!』


『この人は絶対にぼったくったりしません、最初はめちゃくちゃ怪しいけど、お世話になって良かったです!』


『もしチュンさんがぼったくったりしてきたら俺に電話してくれ!』


なんて書かれた数々の賞賛に、この人なら、信用してみてもいいかもと思ってしまったのです。それに、たった1日ぶりとはいえ異国の地で聞く日本語の安心感。


みんなの読んで良かった!