集団ではなく一人でいることを選んだ『たまらなく大好きでたまらなく大嫌いだった』私の女子高校生時代のリアルなSTORY③《アイデンティティ確立編》

1 / 8 ページ

前編: 集団ではなく一人でいることを選んだ『たまらなく大好きでたまらなく大嫌いだった』私の女子高校生時代のリアルなSTORY②《集団生活不適合開始編》


「私は、自由でいたい。」

 

クラスメイトにそう告げて。

 

 

私は早速グループを抜け

 

自由気ままに一人で行動するという

 

行動にうつした。

 

 

 

クラスメイトは、「わかった。」

 

と、言った。

 

 

 

だからといって、

 

その人達との関係性が悪くなるとか、

 

そういう事にはならなかった。

 

 

 

その後も普通に話したりした。

 

 

 

 

 

ただ、グループという所属の

 

《枠組み》を取っ払っただけなのだ。

 

 

 

私の意思を持って。

 

 

 

 

《枠組み》

 

この言葉はその後、私の人生において

 

実に多用する言葉となった。

 

 

 

家族、恋人、友達、学校、会社、社会、国、地球、宇宙、

 

私達は常に《枠組み》の中で生きている。

 

 

 

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。