集団ではなく一人でいることを選んだ『たまらなく大好きでたまらなく大嫌いだった』私の女子高校生時代のリアルなSTORY③《アイデンティティ確立編》

1 / 22 ページ

前編: 集団ではなく一人でいることを選んだ『たまらなく大好きでたまらなく大嫌いだった』私の女子高校生時代のリアルなSTORY②《集団生活不適合開始編》


「私は、自由でいたい。」

 

クラスメイトにそう告げて。

 

 

私は早速グループを抜け

 

自由気ままに一人で行動するという

 

行動にうつした。

 

 

 

クラスメイトは、「わかった。」

 

と、言った。

 

 

 

だからといって、

みんなの読んで良かった!