ある小さな女の子の生きた姿

1 / 23 ページ

 桜が大好きだった娘。風に舞う桜の花びらを見て、「寂しい」と涙を流していました。桜を見ると娘との思い出が蘇り、グッと胸が締め付けられる思いがします。






娘の時は立ち会い出産でしたが、

産まれた時は力強いく泣き声をあげ、

その輝いた姿に私も妻も感動して涙をながしました。


人生で一番嬉しい瞬間に立ち会えたことを感謝しました。



その後元気いっぱい、愛嬌たっぷりに育っていましたが、

2歳の時にインフルエンザに罹り

看てもらっていた小児科で、

血液検査の結果で気になる数値があると言われました。



それから暫く経過を見ていた娘。

なかなか良くならない。



そこで今度は総合病院に移り、

お薬を使った治療を始めることに。



ステロイド剤を使ったので、

ムーンフェイスと言って顔が丸くなりました。

怒りやすくもなります。

それから食欲も旺盛になります。



娘に辛い思いをさせるのは心苦しかったけれど、

ここを乗り越えたら元気になって、

またいっぱい遊べるんだと

娘にも自分にも言い聞かせて治療に臨みました。



またしばらく経過を見ていましたが、

なかなか良くならない。

なんでだろうなぁ??

みんなの読んで良かった!