いのち

1 / 3 ページ


2014年6月1日

ニュージーランド

ノースランド

晴天


季節が秋から冬へと移ろうなか

穏やかな朝の低い光が

窓ガラスを通り抜けて

リビングでくつろぐ私の肌を温める

心地のいい温もり


窓の向こうには

幾重にも重なり続ける 深緑色の丘

その上には

雲一つない青空が 際限なく広がっている


私はソファから立ちあがり

バルコニーへと向かう

古いフレンチドアを軋ませながら外に出ると

今度は一瞬にして

ひんやりとした空気に包まれる


羽織っていたカーディガンの前ボタンをとめながら

深呼吸を何度か繰りかえす

最後にゆっくりと

これ以上は吸えないほど 深く息を吸い込む

新鮮な空気が

身体じゅうの細胞の隅々まで届いたそのとき


記憶の湖の奥底深くで

静かに眠っていた物語が 息をし始める

15年前のあの日の光景が

ゆっくりと

確実に

鮮やかな色を添えて 今 目の前に姿を現わす



_______________________________________________



あなたが生まれた日 

そのころ日本は

春がすっかりと馴染み

梅雨入りにはまだ早く

あたりにはこの上ないすがすがしさが漂っていた


二週間ほど前に田植えがはじまり

まわりの田んぼを見渡すと

あちらもこちらも小さな稲の赤ちゃんだらけ

きれいに一列に並んだその赤ちゃん稲は

あまりにも小さく ぎこちなく

そよ風が吹くたび

ゆらゆら ゆらゆら

なんだか とっても落ち着かない様子


眩しいほどの光のなか

蝶々がひらりひらりと羽をひろげている

田んぼに張られた水のなかでは

おたまじゃくしとアメンボが追いかけっこ


私は病院に向かう車のなかから

真っ青な空と 真っ白な雲が

田んぼの水面に

くっきりと写っている瞬間をとらえる


「大空が大地にたたずむ ひととき」


何もかもが息をのむほど美しくて

なぜだか涙が溢れてきそうになる



______________________________________________



病院に着くと

隣に立っていた あなたのお父さんが

こんないい日に

僕たちの子供を迎えることが出来るなんて 最高だね、って

満面の笑みを浮かべて言いながら

私の手を強く握ってきた

その手のぬくもりが私の心に届いて

きっとそのあと

おなかにいた あなたにも届いたよね


私はその時

初めての出産という大仕事を前にして

気持ちの置き場所をうまく見つけることができず

また

嬉しいような恥ずかしいような

あなたのお父さんの言葉に

どう返していいのやら

小さくうなずくだけで 精いっぱいだった


それに

あのとき

どんな言葉を選んでも

足りなかったような気がするし

また

言葉にしてしまうと

なんだか

そこにある特別で大切ななにかが

空中で舞った後

消えてしまうような気がしたの



______________________________________________



弱い陣痛が 

やって来ては遠のくことの繰り返し

予測不可能な波のリズムとでも呼べばいいのかな

今思えば

あなたはもう既にあの時

あなた特有のリズムを表現していたようね


たいした変化のないなか

だるそうにしている私に助産婦さんが

外にお散歩にでも行ったらどうですか?

気晴らしになるし 運動にもなりますよ

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。