車から飛び降りたこと、ありますか? ボクはあります。

1 / 6 ページ

ダイブ、しました。刑事ドラマみたいです。死ぬかと思った、ヤバかった。

 



ボクは20歳ぐらいのころ、何ヶ月かアメリカで暮らした経験があります。その時、ディックというドイツ系アメリカ人と友達になりました。お互いにバカだったので常識はずれなところが気に入り、かなり仲良くなっていたのです。でも、コイツはかなり危ない男でした。

 

 

金ぴかの護身用の銃を見せてくれたことがあって、


「これでズドン!撃ったら気持ちいいだろうな」


なんてぬかしやがる。笑えない冗談言うな、と返すと、


「たとえば夜、うちの庭に人が入り込んだら、俺は何も言わず発砲するぜ。バーーン! 一発で仕留めてやる」


「クレージーだな。道に迷って、ここがどこらへんか尋ねにきた人かもしれないのに」


「夜、人んちに道を尋ねにくる自体怪しいやつだ。まぁ、表の玄関から来るならそれも許そう。でも裏庭はダメだ。裏から来れば即、射殺」

 

 

 

そんなディックと飲みに行きました。

ディックは酒グセが悪い、っていうよりも「酒が尾をひく」タイプでした。

そんなこと知らないボクは、あいつとサシで昼間っからピザ屋で飲んだ。巨大なピザとフレンチフライをつまみに競うように飲んだんです。

 

クアーズの空のボトルが机の上にたまってくると、ウイスキー。その後はウォッカになった。ボクも同じペースで飲んでたんだけど、だんだん飲み疲れてきて。

ディックの方は相変わらず水みたいにクイッ、とウォッカをあおってる。でも話がくどくなってきた。いい加減、その話聞き飽きた。。って話題をぐるぐる。突然大声を出して店のひんしゅくをかったり。

 

 

「おまえは俺の親友だぜ」

と言ってテーブル越しにボクを抱きしめるから、テーブルの上のビンが落ち、派手な音を立てた。

 



 

「おい。そろそろ帰ろうぜ」


いいかげんイヤになってたボクが切り出すと「じゃ、あと2杯飲んだら」と意外に素直に返事。

ところが2杯飲み終わって「じゃ、行こうか」と言うと「もう1杯」となり、それを飲み終えると「今日の日に乾杯」「俺とおまえの友情に乾杯」それが空になると「じゃ、ラストにもう1ッ杯!」

  

みんなの読んで良かった!