車から飛び降りたこと、ありますか? ボクはあります。

1 / 2 ページ

ダイブ、しました。刑事ドラマみたいです。死ぬかと思った、ヤバかった。

 



ボクは20歳ぐらいのころ、何ヶ月かアメリカで暮らした経験があります。その時、ディックというドイツ系アメリカ人と友達になりました。お互いにバカだったので常識はずれなところが気に入り、かなり仲良くなっていたのです。でも、コイツはかなり危ない男でした。

 

 

金ぴかの護身用の銃を見せてくれたことがあって、


「これでズドン!撃ったら気持ちいいだろうな」


なんてぬかしやがる。笑えない冗談言うな、と返すと、


「たとえば夜、うちの庭に人が入り込んだら、俺は何も言わず発砲するぜ。バーーン! 一発で仕留めてやる」


「クレージーだな。道に迷って、ここがどこらへんか尋ねにきた人かもしれないのに」


「夜、人んちに道を尋ねにくる自体怪しいやつだ。まぁ、表の玄関から来るならそれも許そう。でも裏庭はダメだ。裏から来れば即、射殺」

 

 

 

そんなディックと飲みに行きました。

ディックは酒グセが悪い、っていうよりも「酒が尾をひく」タイプでした。

そんなこと知らないボクは、あいつとサシで昼間っからピザ屋で飲んだ。巨大なピザとフレンチフライをつまみに競うように飲んだんです。

 

クアーズの空のボトルが机の上にたまってくると、ウイスキー。その後はウォッカになった。ボクも同じペースで飲んでたんだけど、だんだん飲み疲れてきて。

ディックの方は相変わらず水みたいにクイッ、とウォッカをあおってる。でも話がくどくなってきた。いい加減、その話聞き飽きた。。って話題をぐるぐる。突然大声を出して店のひんしゅくをかったり。

 

 

「おまえは俺の親友だぜ」

と言ってテーブル越しにボクを抱きしめるから、テーブルの上のビンが落ち、派手な音を立てた。

 



 

「おい。そろそろ帰ろうぜ」


いいかげんイヤになってたボクが切り出すと「じゃ、あと2杯飲んだら」と意外に素直に返事。

ところが2杯飲み終わって「じゃ、行こうか」と言うと「もう1杯」となり、それを飲み終えると「今日の日に乾杯」「俺とおまえの友情に乾杯」それが空になると「じゃ、ラストにもう1ッ杯!」

  


目がすわってるし、酔っ払いの言うことだから「しょうがないな」と付き合っていました。やっと腰を上げて店を出たのは、もうテーブルの上に酒瓶が乗らなくなってから。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このあとディックは酔っ払い運転するんですが、当時のアメリカはそこらへんの意識も低い人が多く、警察に捕まってもさほどおおごとにならなかったのです。そこらへんの是非は今回のテーマと違うので先に話を進めます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


今でいうRV車のようなディックのトラックに乗り込むと、車は別のバーの前に着いたんです。

 

「この店のシェリー酒はうまい。日本に帰ってからの思い出になる。飲んでこうぜ」

 

不覚にも、ボクの堪忍袋はここで切れました。

 


「ヘイ!ユーアー ライアー。帰るって言ったじゃないか」

 


気色ばんだボクの頬を、ポンポンとなだめるように叩き、「大丈夫、1杯だけだよ。1杯飲んだら帰る」と、ディックはさっさと車を降り、店に入って行きました。

「ちくしょう!」吐き捨てるように怒りを口にし、ボクも店の中へ入りました。案の定、1杯で終わるという約束が簡単に破られ、またしても2杯目を注文しやがったのです。

「コイツ。なめてやがる」と血気盛んだったボクは、「タン」と音を立てて飲み干したグラスをテーブルに置き、無言で席を立ち外に出ました。

 

 

あわてて追ってくるディック。「ヘイ」「ヘイ、ウェイト」ボクの肩に手をかけてきたディックの腕を強めに振りほどきボクは足早に歩きました。すると走りこみ、ボクの前へ回り込んだディック。目が怒っています。

  


「送っていくよ。車に乗れ」


「ノーサンキュー」


「いいから乗れよ」


ボクたちは車に乗り込みました。


「・・・・・」無言の車内。「・・・・・・・!?」道が違う。

 

 


「ヘイ、ディック。道が違うぜ。オレはもう酒なんか飲みたくない。」


ディックはボクの話を無視するように無言で運転を続けています。


「さっき送る、って言ったろう?オレはもう酔いすぎて眠いんだよ。送ってくれ」


フン、と笑うディック。


「アスク? or オーダー?」



お願いか、命令か? と聞いているのです。

その時、ボクは「アスク」と「オーダー」の違いをあまり理解していませんでした。「オーダー」という言葉の強さ。争いの最後の引き金をひく「命令」という言葉のこわさ。全然理解していませんでした。だからボクは怒りにまかせて

  


「アスク。アンド オーダー!」

 

 

と叫びました。

ディックは青い目でじっとボクを見て「ユー シー?」「ユ・シー?」ほらね、と何度も確認しました。そしていきなりボクの背もたれの後ろに手を入れると「バッ!」と素早く引き抜きました。手には長いナイフが握られていました。

 

不気味に笑いながらディックは、

 


「これからどこへ行くかわかるか? 深い森の中に埋めれば、日本人旅行者の1人や2人。。死体なんて永遠に出てこない」

 


ゾッとする言葉に、ボクの心臓はドキリ、と飛び上がり早くなりましたがそれを悟られないように。ボクはディックをにらみました。

車はスピードを上げ、チルドレンズ・パークに向かう坂道を、スピードを上げながら昇っていきました。


「・・・・・」




車の中には、ボクを刺そうと思って長いナイフを手にしながら猛スピードで車を運転する男。

絶体絶命の車内で、ラジオからは綺麗なメロディーが流れていました。この状況で、なぜこのメロディー?というほど綺麗で物悲しい、場違いなBGMです。

 

 

それはかえって不気味で、「ボヘミアン・ラプソディー」のようでした。綺麗なサウンドに乗せて「ママ。ぼく人を殺してきたよ。埋めてきたんだ」と陽気に?歌うフレディ。。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。