〜少年時代の僕へ送る手紙〜

1 / 8 ページ


「こんなつまんねぇ人生やってらんねー!!」


 ■初めに




初めまして。


僕の名前は、児玉浩弥(こだまひろや)と言います。




お酒とB級グルメが大好きで、


ちょっとエロい。笑


趣味の筋トレは、最近サボり気味です。笑




これは、


少年時代の僕へ向けて書いた手紙です。




そして、この手紙が


あなたが


自分らしく生きる”ための道しるべ



となれば、と思います。





幸せを追求する



これが、僕の信念です。




 ■絶対的成功法則




僕は、小さな頃から


”がつくほどのマイペースで


人に何かを決められる事が大っ嫌いでした。





・寒い日は学校に行かない。


・勉強しろって言われたら、絶対やらない。


・バイトの店長に怒られては、速攻でやめる。




そんな、クズ野郎です。笑




しかし、その反面


好きな事にはとことん、のめり込む特徴があります。




・中学時代、英語の成績だけは3年間オール5。


・高校時代、空手で県大会3年連続制覇。


・大学時代、パチスロを極め、パチプロと呼ばれるようになる。


(自慢できることではありませんが。笑)




こんな性格です。




過去の経験から僕は、


「好きなことをしたら、絶対に成功できる」


という自分なりの成功法則に気づいていました。



だから、将来は好きなことをして、


人生楽しみまくってやるんだ!!!




って思っていました。




ですが、、、



僕は、



やりたくもない会社員を選んだ




 ■偽りの人生の始まり



僕が会社員を選んだ理由は、何個かあって

著者の児玉 浩弥さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。