京都大学薬学部の大学院を蹴って、とある人材会社に就職する話。

1 / 5 ページ

10歳のあなたに


あなたに謝りたいことがあります


10歳のあなたは、

「京都大学に入学して科学者になる!」


校長先生の前でそう叫び、10年後の自分への手紙にも書いていましたね


ごめんなさい、科学者にも研究者にもなりません


来年から人材会社でバリバリ働きます


あなたはきっと

「どうしてー?」

と言って私を責めるでしょう


何で薬学部に入って薬の名前、薬効、副作用とか覚えたのって

せっかく今から勉強しようとしてるのにって


ごめんなさい


でも大丈夫、

4年間で覚えた薬の名前は硝酸イソソルビドと、、、ってぐらい

薬学部なのに薬に全く興味ないからほんと1個しか覚えてない


大丈夫、

この先、大学に入るまで、勉強を嫌いになることはないし、

むしろその面白さに引き込まれていくから


だから

大学4年の僕がしたちょっとおかしく、ちっぽけな、この決断を許してください



「もったいない」


大学院進学を辞退した時、

研究者にならないと言った時

みんなは驚いた顔をしてこう言った


「もったいない」と


この言葉の意味はなんだろう

みんなの読んで良かった!