理想の仕事も、理想の結婚も、「コレ」を本気で考えたら見つけられたという話。

1 / 4 ページ

ご挨拶

初めまして、川口美樹と申します。本題に入る前に、簡単に自己紹介をさせてもらった方が、この後の話がわかりやすいと思いますので、ちょっとだけ経歴をお伝えしますね。

僕は24歳まで芸能界で俳優を志して活動していました。もともと高校までバリバリの進学校にいたのですが、何を思ったのか日本大学の芸術学部に入学し、そのまま芸能界に入りました。

ただ芸能界の独特な文化に馴染むことができず、様々な経緯を経て独立する道を選択しました。(その辺の経緯はこちらの STORYに詳しく書きました。)独立してからは、仕事ばっかりに取り組んできましたので、恋愛方面の経験は乏しかったと言わざるを得ません。

しかし妻と出会い、結婚するまでの一年間を通じて、一転して恋愛に強く興味を持つようになり、ライターとして恋愛コラムを書くようにまでなってしまいました。

それは独立を通して得た体験と、妻との結婚までのプロセスに非常に共通点が多く、「恋愛も仕事も、本質的なことは同じなんじゃないか?」という発想を抱いたからです。


このSTORYでは、僕なりの経験から考えた、恋愛と仕事に共通する5つの仮説についてお話ししていきたいと思います。そして最後にそこから導き出される「独立して体感してきたことと、結婚して体感したことに共通していた、たった一つの真実」についてまとめたいと思います。


少しの間だけお付き合いくださると嬉しいです。


<目次>

・恋愛も仕事も、良いご縁は「信用」から生まれる

・恋愛も仕事も、まずは相手の話を聞け

・恋愛も仕事も、自分の「好き」より、相手の「好き」を重要視すべし

・恋愛も仕事も、自分に相応しい人(仕事)に出会えないのは、自分がそれに相応しい人間じゃないから

・恋愛も仕事も、理想はどこかにあるものではなく、自分で作っていくもの

・結論(まとめ)



恋愛も仕事も、良いご縁は「信用」から生まれる

これはまだ僕が大学生だった時に、歌舞伎町のバーのママに、「どうしたら彼女ができるのか?」を相談した時の話です。

彼女を効率よく作る方法ってあるんですかね?
ママ
何言ってんの、そんなもんは無いわよ。
ですよね…
ママ
まぁ、でも出会いを求めるなら、友達からの紹介をもらいなさい。その方が恋人ができるのは早いから。
へぇ、そうなんですか?
ママ
紹介される側からすると、タイプじゃない人は紹介されないっていう安心感があるのよ。

会う前からお互いにある程度の「信用」がある状態なわけ。
確かに自分の友達に変なやつ紹介する人いませんもんね。でも、なんで紹介の方が早いんですか?
ママ
出会う方法って、ナンパとか合コンとかネットでの出会いとかいろいろあるけどさ、、、会って仲良くなるまでに時間とお金がかかるのよ。

自分の好みの人間がいるかどうかもわからない場所に行って、高いお金払って、しかも周りにライバルがいる中で、いいと思う子をゲットするんだから、相当な労力よね。

コスパが悪すぎるわ。
ふむふむ。
ママ
その点、紹介は楽ね。

知り合いからの紹介である時点で「ある程度の好みの条件をクリアしてる人に会える確率が高い」し、合コンみたいにライバルもいない。

相手にとってそれは同じこと。つまりお互いが「好みかも」と思う相手と会えることが確定している出会いが紹介なのよ。
おおお!!紹介のコスパすごい!

妻とは「知人の紹介」で出会いました。知人といってもカフェ会で知り合った程度の文字通りの知り合いです。とはいえ、その人とは一回話しただけでかなり意気投合しました。


その人からある日突然「紹介したい女の子がいるんだけど」とメッセージがラインで来て、「まぁ、(断る理由もないし)いいですよ」ぐらいの気持ちで返答しました。それが妻だったのです。そんな出会いでも結婚することあるんですね。不思議なご縁ですよね。


、、、と、言いたいところですが、実はこの選択が実に理にかなっていた選択だったのだと、後になって気づいたのです。


「信用」を借りることができると意思決定が早くなる。

僕は研修の講師を仕事にしていますが、年齢が30にもなっていないので、企業の中に入って人に何かをレクチャーできるような信用力は世間一般的にはありません。ですから26歳の時に研修会社に登録してもらえるように足を運んだ時には、「川口さんのコンテンツは面白いんだけど、年齢がね…」と言われ、取り合ってもらえなかったのです。

そこで新規の営業に行くのをやめ、紹介でしかお仕事をもらわない作戦に変更しました。人からの紹介の場合、紹介者から「この人なら大丈夫」というお墨付きをもらっているようなものなので、とてもスムーズに物事が運びます。

こちらに営業力がそこまでなくてもコンテンツの力があれば、契約を取ることは、簡単とは言わないまでも、自分で営業に行くよりもはるかにハードルが低くなります。

マーケティングの世界でも「知人からの紹介」が購買理由としてもっとも強力なんて言われてますよね。僕は妻と結婚できた時に、このロジックが恋愛にも適応されたのではないかと思ったのです。

合コンやネットでの出会いは、最初に相手による「審査」があります。「外見はどうか」「コミュニケーションは円滑か」「性格に問題はないか」などのジャッジが下されているわけです。

一方紹介の場合、これらの項目はある程度クリアしていると紹介者が判断しているので、それが信用となり、ジャッジする側はウェルカムな状態で会ってくれるわけです。

企業の採用で言ったら、履歴書を書いてエントリーして第一面接をする、というフローをすっ飛ばして、リファラルやスカウトでいきなり役員面接に飛ぶようなイメージでしょうか。


信頼関係を構築するための入り口を紹介者の「信用」によってスルーできるので、とにかく意思決定までが早い。

実際、妻との出会いも非常にスピーディーでした。初めて会って、その日に次のデートが決まり、3回目のデートで彼女のうちにお邪魔しました。ここまで約1ヶ月。そこからお付き合いがスタートしました。

もちろん、地道に信用を築いて行くことを否定したいわけではありません。僕の親友たちは皆、大学から5年も6年もお付き合いして結婚したカップルがほとんどですし、両親は職場内恋愛でした。


いずれの場合にも「この人なら大丈夫だという信用があった」からこそ、結婚に至ったのだと思います。


僕が言いたいのは、恋愛も仕事も、良いご縁は信用から生まれるということです。僕の場合は、第三者からの紹介の場合で、その信用を前借りすることができたので、実現までのスピードがかなり早まったのです。


恋愛も仕事も、「話し方」を学ぶよりも、「聞き方」を学んだ方がモテる?

「相手を虜にするLINE返信術」「雑談上手こそ恋愛上手」「また会いたいと思わせるトーク術」、、、。「何を話したらいいかわからない」と悩んでいる人をターゲットにして、数々の本やセミナーで「トーク術」が売られています。

トーク力がつくことに越したことはないですが、僕はそれよりも650倍ぐらい「聞き方」の方が大事だと思っています。


僕が独立して最初にやった仕事は、美容やダイエットのアドバイザーでした。適切なアドバイスをするために「相手の話を親身になって聞く」必要がありました。

ターゲットが女性でしたので、肌の悩みや体調の悩みは、メンタルの悩みと直結します。ですから「恋人との関係はどうか?」「仕事はうまくいっているか?」などの突っ込んだ話も聞いていました。

それが癖になり、プライベートで人に会うときも、僕は相手の話を聞くことから関係構築をはじめるようになりました。先に相手の話を聞くと、相手は「たくさん自分の話を聞いてもらえたから、今度はあなたの話を聞かせてほしい」という気持ちになります。

一番その効果を実感したのが、人生で3人目に好きになった人とのエピソードです。初めて会ったときは、恋愛感情もないまま会ったのですが、いつものように相手の話を聞いていたら、なんと相手がポロポロと泣き始めてしまったのです。

いわく、「こんなに自分のことを親身になって聞いてくれた人は初めて」だったらしく、帰り際に「今度はよしきさんの話を聞かせてくださいね!」と言われ、次のデートに誘われたというわけです。(ま、最終的にはダメだったんですけども。)

もちろん妻との出会いにも功を奏しました。妻は「話を丁寧に聞いてくれるから信用できる人だと思った」そうです。世の中にはどれだけ自分の話をしたがる男性が多いのだろうかと、ある意味納得しましたが、それだけ「聞ける」人が不足しているということなのだと思います。


プレゼン力よりもヒアリング力でモノが売れる


みんなの読んで良かった!