才能がない、という才能|自分軸が見つかるまで

1 / 6 ページ

内申点は5.0だったけど、僕は芸大に進学した。

面接官の先生
なんでこの成績でうちに来たの?

日本大学芸術学部映画学科演技コース。

その入試の最終面接で、僕の出した内申書を見て面接官の教授は僕にそう尋ねた。

「(まぁ、当然の疑問ですよね)」と僕は思った。


僕のいた高校は都内でも(まぁ割と)優秀な方の進学校。御三家と呼ばれる開成・麻布・武蔵の滑り止めになるような高校で、生徒の進学先は大半が国立か医学部、私立でも早慶・MARCHがふつうだ。

就職先は医者、弁護士などのハイキャリアから、保険・銀行・証券などの金融系、キリンや豊田自動織機などの上場企業に至るまで、少し前の日本だったら生涯安泰が約束されていたような会社である。


周囲の人間が「医者になりたいから医学部、弁護士になりたいから法学部、経営を勉強したいから経済・経営を学べるところに」という目標からの逆算で進学先を決めていく中で、僕は芸大に進もうとしていたのだ。疑問に感じるのも無理はない。実際、僕だってよくわらなかった。


一応学力的には一橋と早稲田が志望校だったものの、友達のようにそこで学びたいものや逆算できる目標が僕にはなかった。結局、兄が桜美林大学で舞台芸術を学んでおり、その兄に誘われるままに平田オリザさんの「もう風も吹かない」という舞台を観たのが、芸大の門を叩いたきっかけになった。


【悲報】人と違う人生を選択してきた結果

僕は常に人とは違う選択をする人生を歩んできた。

80%が公立の中学に進学する小学校では、私立の進学校を受験し、90%が国立・医学部・早慶・MARCHに進学する高校では、その年でただ一人芸術学部に進学し、芸能の道へ。

そして結果、芸能界に入ってもその中での俳優としてのあり方に疑問を感じて(詳しくはこちらに書いた)撤退。現時点では、執筆と講演を仕事にしている。


独立をしてお金を稼いでいく過程では、とにかくいろんなものにチャレンジをした。その結果、

・プレゼン、スピーチ

・動画制作

・ライティング

・カウンセリング、ヒアリング

・ダイエット、スキンケア

・SEO

・コミュニケーション

などいろんなことができるようになった。そう自己紹介すると「すごいね」と言ってくれる人も多い。でも自分の心の中には、ずっと引っかかっていた疑問があった。


それは「自分は一体何者なのか?」ということ


確かにプレゼン力はあるという自負はある。しかし、一流の企業で講義できる実績があるわけではない。動画も作れるし、文章も書けるが、それだけを専門にしている人たちのような、飛び抜けたスキルがあるわけでもない。


そう、全部が中途半端だった



偏差値60の人生

(画像出典:予備校比較ドットコム

「世界で一番標高の高い山は何か?」そう聞かれたら、誰もが「エベレスト」だと答えられる。「日本で一番大きい湖は?」と聞かれても「琵琶湖」だと答えることができる。ところが二番目となるとどうだろう?「世界で二番目に高い山は?」「日本で二番目に大きな湖は?」二番目は覚えてないものだ。


みんなの読んで良かった!