バッドエンドな恋と人生

1 / 19 ページ

初恋とバッドエンドの始まり
人生において恋愛とは映画やドラマのようにはいかないものだ。必ずしも、その終わりがハッピーエンドとは限らない。むしろ、俺の恋はこれまでバッドエンドの連続だった。ハッピーエンドで終わった試しがない。それは人生においても同じことなようで……。

今回は、その物語を語っていこうと思う。つまらない話かもしれないが、まぁ聞いてほしい。



俺の初恋は小学校低学年の時。同じ学年のA子ちゃんだった。髪はセミロングでドラえもんでいうところの"しずかちゃん"のような存在だった。俺は言わずもがな、"のび太"だ。典型的ないじめられっ子だった。いつも"ジャイアン"のような奴にいじめられてたわけだ。
アニメのように助けてくれるような"ドラえもん"的な存在がいるわけでもなく、俺はやられっぱなしだった。
親父はというと
「やられたらやり返せ!」
と言うタイプの人間だったが、気弱な俺にそんな芸当ができるはずもなかった。親父は本当に恐い人で、その恐さは近所でも友達の間でも有名だった。俺は

――世界一恐いのは親父だ

と、心底思っていた。今だにこの考えは変わっていない。普通に何度も殴られたこともある。親父以上に恐い人間に出会ったことがない。親父を怒らせないように、子どもながらに気を遣いながら日々過ごしていた。

その頃の俺はというと、吃音症の症状が酷く、まともに喋ることもできないような状態だった。吃音の原因は今でもはっきりと分かっていない。



少し話は脱線するが、ここでいう"吃音症(きつおんしょう)"とは、円滑に喋ることのできない障害のようなものだ。第一声がなかなか出なかったり、異様なまでに早口になってしまったり、連続して言葉を発してしまったりする。日本では障害認定はされていないが、一部の外国では障害認定されている。"どもり"や"どもる"という表現でいわれることもある。まだまだ認知度も低いのが現状だ。
そんな俺がいじめの標的となるのにあまり時間はかからなかった。俺の中で学校とは地獄以外の何物でもなかった。
そんな俺が学校に行けていた理由は単純明快で、"好きな子"がいたからだ。好きな子と会うために学校へ行っていた、と言っても過言ではない。実に不純な動機である。



しかし、そんな俺が自分から話しかけられるわけもなく、結局俺は小学校を卒業する日までその子と話すことはなかった。"初恋は叶わない"という言葉を見事体現させたわけだ。



その子に限らず、俺は誰に対しても自分から話しかけることができない子だった。だから当時、友達もほとんどできなかった。
家でも学校でも一人で遊ぶことが多かった。むしろ、その方が自分的には気楽で良かったのかもしれない。家では毎日テレビゲームばかりしていた。



今から思えば、この頃はまだ良かった。吃音の症状は一番酷い時期だったが、まだ死にたくなるほど辛いこともなかった。いじめもまだ可愛らしいものだった。
問題はこの後だった……。





みんなの読んで良かった!