およそ、20人程の未成年の子たちと生活した男の話

1 / 28 ページ


解離性同一性障害


それは、


本人がとても耐えられないような「痛みや」「苦痛から」
逃れるために


その時、その感情を切り離し


自分の中で誰かに

身代わりになってもらったり…


ココロのダメ―ジを切り離そうと

回避しようとする事。


そしてその感情が、
個々の意思を持ち


まるで、


自分の中にもう一人の自分がいるように成長し別の人格として形成させる
「多重人格」とも呼ばれます。




私は、これまで20年以上



20人ほどいる人格たちと生活し
今日という日を迎えられました。

みんなの読んで良かった!