流離う三十路の島遊紀 其の四

次話: 三十路島遊記 其の五

「エクスキューズミー」

「ン~。」遊者はねぼけながら目をこすった。
そこにはインド人?ぽい人が立っていて十時だから、チェックアウトするようにと促された。
あ、そうなのね、遊者はようやくシステムを理解した。
急いで準備をすませ、さぁ何処へ行こうかと考えていると、
「おーい。」
なんとマサ君がやって来るではないか!
暇だから案内してくれるとの事。
感謝✨
早速マサ君と街まで出かける事にした。
街の名前はオークランドという所でニュージーランドでは一番の大都市だ。
バスの乗り方も分からなかったので、マサ君がいてとても心強かった!
三十分程してバスが来た。海外初のバス!緊張するな~。
バスが走り出し、外の風景に目を向けた。
よく映画で見るような欧米的な町並。
抜けるような青い空。
楽しそうに庭で遊ぶ子供達。
何もかもが新鮮に目に映り、少年の頃に戻ったような純粋な気持ちであった。
バスの中で、マサ君が、キウイエクスペリエンスという、
ニュージーランド一周のバスツアーが、あることを教えてくれた。
それは、面白そうだ!
次の遊者の行き先は、そのバスツアーに参加する事に決まりだ。
バスが、オークランドに着くと、マサ君にお礼を言って別れた。
さぁ次はどんな冒険が待っているのだろう。
高鳴る期待を胸に、遊者は次の目的地へと進みだした。
                                                                                                               (続く)

続きのストーリーはこちら!

三十路島遊記 其の五

著者のTakeshi Gotohさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。