一本の映画を撮るように、人生をプロデュースする話。(第6章:ブレストと教育 編)

1 / 8 ページ

第6章:ブレストと教育 編(58〜68話)


58

バイクで帰郷するというこの経験は、
オレにとっても彼女にとっても、大切なモノになっている。

飛行機でわずか1時間半で東京から九州に行けるところを、

わざわざ極寒の1月に、


途中のコンビニで、何回もホットココアを購入しながら、
バイクでタンデム(二人乗り)し数日かけて帰ってきた。


国道1号線で東京から大阪。

2号線で大阪から北九州。

そして最後は国道3号線。


ビッグスクーターは横風にマジで弱い。

何台もの大型トラックが高速道路並みのスピードで吹っ飛ばしてくる道だ。

風でよろけても絶対にこけられない。

こけたら大事故に繋がること間違いナシ。


急に大雨に降られた日もあった。​


「大丈夫か?」

「うん!大丈夫!」


何回も声をかけあった。


ビッグスクーターは、股で車体を挟まないライディングスタイルなので、
体重移動が非常にやりにくい。


後ろに人を載せていると、
その人の体重の分まで”自分の両腕だけ”で支えながら走っている感覚がある。

2時間程度の移動だと何も問題はないのだが、

1日8時間以上走ってると腕がパンクしそうだった。


だが、

”弱音は吐けない”。


彼女は両親から、​
”箱根の山を超えた地域の人とはお付き合いをするな”
言われていたのをオレは知っている。


もし結婚したら、気軽に帰って来れない距離になるからだ。


だからこそ、軽い気持ちではないことを証明するために、

”マジェる”で一緒に箱根の山を超えたかった。

飛行機で寝ている間に九州に到着したんじゃない。


自分でアクセルを回して、

二人の意思で九州に帰ったんだ。

59​

地元に戻ると早速、開業に向けた準備を始めた。

休職中に、貯金はほぼ使い尽くしていたので、

まずは資金調達。


作成していた事業計画書を金融機関に持ち込み、熱意のままにしゃべった。


が、


世の中そんなに甘くない。

理想と熱意だけでは起業は出来ない。

事業計画があると言っても、

それはうまく言った場合の話だ。


特に国が運営する公庫は、融資には慎重だ。

一般の銀行と比べて利率が低い分、

きちんと返済できるかどうかの審査が厳しく行われる。


例え、”事業計画書”が素晴らしい出来だったとしても、

融資金額と同額程度の資金を持っていないと、
なかなかとりあってもらえない現実があると、
起業のために買いあさった本の中に書いてあった。



手持ち資金はほぼゼロ。


もう親には迷惑と心配はかけられないと思っていたが、

著者のTomohide Inubashiriさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。