超低学歴、高校時代偏差値30以下?!の私が副業に手を出して毎日楽しくビジネスをして過ごしている話

1 / 9 ページ

  ☆プロローグ☆

 

私は茨城県のド田舎に産まれました。

小学校1年生から卓球を始め高校3年まで続けていました。

今は週1でやっている程度です。

実力は関東大会出場経験があります。

そして、私は頭脳明晰でなければコミュニケーションに長けているわけでもありません。

 

極普通の人間です。

 

ただ、

 

努力ができる人間だと思います。

 

ここに至るまでの生活はこんな感じです。

 

 

☆第1章☆

幼稚園編~小学校編

特に変わったことはしてないです

ただ小学校1年から卓球をやっていました。

 

小学校5年からは塾に水泳に陸上に卓球に文武両道を目指していたのかなって今は思います。

 

月曜日と木曜日は陸上終わった後に近くの体育館が無料で借りることができるので父と卓球。

火曜日と金曜日は塾。

水曜日と日曜日は卓球。

土曜日は水泳終わった後に卓球。

 

今思うと忙しい生活をしていました。

当時は何も思うことなく楽しくやっていました。

 

 

 

 

☆第2章☆

中学校編

中学入ると同時に水泳と陸上を辞めました。

卓球部に入部するも先輩方・同期は指導者がいたわけでもないので入部から引退までエースでした。

 

隣の市と合同で総体や新人戦など行っていました。

中学1年後半からの総体・新人戦から市内大会は優勝。計4

地区大会は1回だけ優勝。

県大会はベスト16に入り県強化指定選手に選ばれたこともありました。

 

勉学については

歴史検定3級、数学検定3級、漢字検定4級、英語検定3

定期テスト

5教科500満点中420点程度

学力診断テスト

5教科500満点中350点程度

こんな感じで友達はそんなに多くもなく少なくもなくの感じです。

 

高校受験はある程度勉強していたものの既に合格ラインに達している高校を受験予定でしたが急に

 

「やっぱり好きな人と同じ高校にいきたい」

ってなり11月に受験勉強スタート。

 

 

8月から12時間勉強やっていたけど11月から15時間勉強

著者のスノウ ネアさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。