第五章 フィンランドから「なぜ教育は必要なのか」を考え直す~教育って実は空気?という話

1 / 4 ページ

後編: 第七章 小さい子を連れて海外でアート制作できるのか~100人の親をもつ子どもについて考える

2017年1月11日から地球2周めアートの旅に出ています。

元獣医アーティストが一年かけて地球を一周してアート活動してくるまでの話5
2018年6月現在、


2017年

1月     ロサンゼルス

2月     ニューヨーク

3~5月   フィンランド(トゥルク)

4~6月   ルーマニア

9、10月   フィンランド(マンッタ)

11~翌年5月 上海

2018

5~6月 デンマーク

6~7月 フランス →イマココ

8~10月 韓国


なんとなく「学力が高い」ということで知られているフィンランド。

2015年のOECD15歳の学習到達度調査によると、実は日本のほうがランクは高くなっています。


引用:OECD 生徒の学習到達度調査 Programme for International Student Assessment ~ 2015 年調査国際結果の要約~

https://www.nier.go.jp/kokusai/pisa/pdf/2015/03_result.pdf


フィンランドのマンッタという町の公立学校でアートのワークショップをやる機会がありました。フィンランドではほとんどが公立。私立というのはほとんどないそうです。


ワークショップの詳細はこちらから


アートワークショップで知ったフィンランドとの違い~折り鶴が変えた子どものはなし

http://mijin-co.me/art_sora_finland/

日本の公立小学校でワークショップをやろうとすると、数か月前からの事前手配が必要になってくるんですね。これはカリキュラムがしっかり組まれていて、他の授業を代わりに差し込むというのが簡単にはできないからです。私が浅草の小学校でやらせていただいた時には、美術の時間の代わりということで手配していただきました。


フィンランドの場合は、美術の先生の裁量に任されているため、基本的な教育項目はあれど、先生の考えで授業を組み立てることができるようでした。私立ですがニューヨーク州やデンマーク・コペンハーゲンのインターナショナルスクールでも、1~2週間程度の調整と十分な打ち合わせがあればワークショップの開催は可能でした。


こうした教育比較の話が出ると日本の詰め込み式教育はダメという話が必ずやってくるのです。しかし、ほんとにダメなのか?そもそも自分で考えたことがあったでしょうか。詰め込み式教育がダメな理由を。一番ダメなのは、誰かの意見をまるで自分の考えたことみたいに「だから日本の教育はダメなのよ」と言って何もしないでいる自分じゃないのか。


【教育は本当に必要なのか】

世界には学校に行かせるよりも子どもにすぐ働いてほしいと願う親もいます。

私は子どもの頃、学校に行きたくなくてズル休みしたことがあります笑。


教育が大事、というのはまるで常識のように繰り返されている言葉なので、なんとなく教育が大事なような気はします。改めて、どうして大事なのかを考えてみます。


たとえば、自分がどこかの国の農村に生まれて、自分ちの農地を継いで畑仕事をして一生暮らすとします。その場合、あえて学校に行って歴史とか微分積分とか勉強しなくても、早めに働き始めて植物の性質とか畑の耕し方とか身をもって学んでいったほうが「勉強」になる気がしませんか?


みんなの読んで良かった!