元獣医アーティストが一年かけて地球を一周してアート活動してくるまでの話4

1 / 5 ページ

前編: 元獣医アーティストが一年かけて地球を一周してアート活動してくるまでの話3

第四章 果たしてこのアート旅にはいくらのコストがかかっているのか?

2017年1月11日から1年4か月に渡る地球一周アートの旅に出ています。

8月11日現在、ルーマニアで人気の世界遺産の町、シギショアラに滞在中。

次のフィンランド滞在のための滞留許可も出たので、予定通り9月1日の朝には再びフィンランドに渡ります。


1月     ロサンゼルス

2月     ニューヨーク

3~5月   フィンランド(トゥルク)

4~6月   ルーマニア → イマココ

9、10月   フィンランド(マンッタ)

11~翌年5月 上海

2018年5月~6月 デンマーク

6月~7月 フランス

8~10月 韓国


レジデンスで来てるわけでもないのでアトリエがあるわけでなく、素敵な町ではあるけど大都市なわけでもなく。ふだん何してるかというと、基本的には生活して制作している感じです。

娯楽のレベルが下がっていて、山に水汲みに行くのが一種の娯楽みたいになってきてます笑。

暑いのが苦手なので、そういうことがないと外に出ることがなくなって、着々と社会から隔絶していく感じ。

制作はワンルームの室内にあるテーブルにスーパーでもらってきたビニール袋で養生をしたり、

折り紙についてた厚紙をつなげて簡易養生紙をつくったりして室内制作しています。

こうして旅をしてることを地元で会った人に話すと、

聞かれることが多いのは「お金、どうしてるの?」です。


この疑問、世界共通なんですかね。

そんなわけで、今回は気になる「お金」の話です。


アーティスト活動を「継続する」上でコスト管理は大事なこと。

私がやっているアートプロジェクト(SORA)も、

スポンサー様から紙や画材の提供はいただいてますが、
お金が出ているわけではないので、交通費などの実費はもともと自分で出しています。
ワークショップ自体は自分ひとりでやればお金がかかるわけではないですが、
お金を稼ぐこともできた「時間」を使っているので、
場所が見つかったからといって次々と「やります!」と言ってると簡単にパンクします笑。


なので、今、何を優先していくべきなのか、を考えて行動を選択していきます。


さて、さっそくこれまでの旅の経費です。


1ドルは115円、1ユーロは120円、1ルーマニアレイは27.3円、1元は16.95円、1クローネは17.2円で換算し、円に直しています。

大きくお金がかかってる渡航費だけ特記しました。

(※友人宅に泊まった滞在費は非公開)


■ロサンゼルス 109,570円/5週間(1日当たり3,031円)

 うち、渡航費は羽田~LAX 75,033円(渡航費を引くと1日当たり987円)

■ニューヨーク 154,456円/4週間(1日当たり5,516円)

 うち、渡航費はLAX~JFK 14,743円(渡航費を引くと1日当たり4,990円)

みんなの読んで良かった!