第七章 小さい子を連れて海外でアート制作できるのか~100人の親をもつ子どもについて考える

1 / 3 ページ

前編: 第五章 フィンランドから「なぜ教育は必要なのか」を考え直す~教育って実は空気?という話

2017年1月11日から地球2周めアートの旅に出ています。

元獣医アーティストが二年かけて地球を二周してアート活動してくるまでの話7
(6の上海編がないまま7のデンマークを書いています)

2018年6月現在、


2017年

1月     ロサンゼルス

2月     ニューヨーク

3~5月   フィンランド(トゥルク)

4~6月   ルーマニア

9、10月   フィンランド(マンッタ)

11~翌年5月 上海

2018

5~6月 デンマーク

6~7月 フランス →イマココ

8~10月 韓国


海外のアートプログラム、アーティスト・イン・レジデンスに参加して、各国を転々としているアーティストのOumaです、こんにちは。


私が応募しているのは無料滞在できるレジデンスなので、3週間~最大6ヶ月の間、現地ではタダで宿泊しています。さらに専用アトリエ付き。


レジデンスのプログラムは条件もさまざまですが、基本的にアーティストの裁量に任されているので、滞在中に違う国に旅行に行ってしまうことも可能です(もちろん不可のところもある)。


まとまった期間滞在することになるので、「旅行」というよりは、「暮らす」に近い旅ができます。現地の人のおうちに遊びに行ったり、仕事を手伝ったり。

何歳になっても、たまにはこういう生活をし続けられるといいなって思いますが、現実問題として、子どもができても継続できるものでしょうか。


レジデンスによっては、数は少ないですがパートナーや家族(子どもも可能)が一緒に滞在することができる場所もあります。しかし、実際に小さい子どもがいた場合、制作しながら子どもの面倒もみるなんてことが、本当に可能なんでしょうか。


なんと、デンマークで実際にそういう生活をしているアーティストさんに出会いました。

彼女はデンマークのプログラムに3か月間参加しているアーティストで、アメリカ在住。

プログラムには2~3歳くらいの子どもを連れて参加していて、彼女が制作している間は継母さんがお子さんの面倒を見ていました。


3人のアーティストが1軒家に住むようなスタイルのレジデンスで、部屋は割と広かったです。その1部屋に継母さんと子どもと彼女が一緒に住んでた感じ。


私たちは彼女たちと同居することになるので、一緒に生活する上で不便な点などあったかというと、さほど気になるほどではなく。もちろん、人数が多いので、キッチンを使うタイミングをずらさないといけないとか、シャワールームを使えるまで待つ時間が長いとか、時間が被って待つ必要がある時はありました。


しかし、お互いの生活時間が分かると自然に自分たちで時間調整をするようになります。また、人数が多い分、継母さんが気を使って共有スペースをきれいにしたり、ゴミ出しをしてくれたり。レジデンスは掃除の人がいるところや、トイレットペーパーなど共用のものをレジデンス側が負担してくれるところなどがありますが、ここはアーティスト負担だったのです。アーティストの裁量に任されているレジデンスの場合、起こりやすい問題は「みんなが使うトイレットペーパーをあの子だけ買わない」「使った後にちゃんと掃除しない」。シェアハウスでありがちな問題と同じです笑。


でもこの時は継母さんたちが主に掃除や共用品の購入をしてくれていたので、自分たちの負担はほとんどなかったです。それに、帰ってから小さな子どもが笑顔で迎えてくれるというのもなかなかいいもの。一階でごはんを食べてると「うあー」って言いながらニコニコ寄ってきてくれたりして。


子どもが夜泣きすることもありましたが、私はどんな状況でも割と寝られる方なのでそれもあまり気にならず。そしてレジデンスは長くてもせいぜい3か月(私のデンマーク滞在は3週間)。1年つづくとなるとイライラしてしまうところもあるかもしれないですが、もともと短期で終わりが分かっているので、自分にストレスはあまりかからないのです。


結婚したから、子どもができたから、違う仕事に就いたから。

みんなの読んで良かった!