オトコに貢ぐ男 第1章

1 / 8 ページ


初めまして!僕は斉藤ヒデキ

 1973年11月生まれ 一途な星 さそり座の男!

 身長155㎝・体重58㎏ 足のサイズ23㎝ のチビである。

 

 チビだから可愛いと思うかもしれないが、とんでもない。小さい体の割りには、顔が広がって丸くてデカイ!

 目は、こめかみの辺りまで離れていて細くてつり目…。

 ある意味、一度見たら忘れられないくらいの悪人顔である。


 これから、疑いたくなるような僕の昭和から平成に時代が変わる体験談を語るのだが・・

 この話は、すべて実話であることを御了承いただきたい。


 まず、僕の家族構成からお話ししたいと思います。

 僕には二人の姉がいるのだが、早くに嫁いでしまって、現在平屋の貸家で母と二人で生活している。

 父は僕が、2歳の時アル中でこの世を去ってしまった。

 僕の父はひどい酒乱で、いつも酔っては母や姉達に暴力を振るっていた。

 しかし、そんな父ではあったが、

 唯一、息子の僕に対しては優しくとても可愛がってくれたらしい…。

 父の記憶は全くないが、生きていてくれたら、僕の人生も変わっていたかもしれない。


 母は父がいない分、僕を甘やかし、ワガママで傲慢な性格に育てていった。

 幼稚園、小学校では弱い奴をとことん虐め、強い奴には物やお金を与え黙らせた。

 

 でも、中学生になると物やお金では誰も従ってくれず、僕のこんな性格が奏して、

 今度は虐められる標的になってしまった。


 給食には、お約束のチョークの粉や消しゴムのグズが入っている。

 体操服がゴミ箱の中に捨ててあることは当たり前。

 ひどいときには、僕の机が運動場に置いてあり、それを取りに机を運ぼうとすると、

 二階の窓から彫刻刀が降ってくる・・


 命懸けの作業だ。


 体育の時間は必ずプロレスの技をかけられ、気を失ったこともある。

 こんな毎日が三年間続き、勉強なんてまともに出来る訳がなく、

 僕の偏差値は誰でも入れる私立高校レベル・・・


 お金もかかるし、進学するのは諦めることを選択した…というよりは、

 また虐められることに恐怖を感じていたからだ。

 

 でも、そんな気持ちを母は許してくれず、


 母「高校までは、どんなにお金がかかっても行きなさい。

               虐めくらいであんたの人生、棒に振っていいの!」


 今まで、一度も僕の決めたことに反対したことがなかった母が…

 僕は母の決めたとおり、KS私立男子高校へ進学することにした。

 しかし、少し期待をしていた高校生活は...............いつもひとりぼっち。

 なぜか僕はそのことに関して、まったく問題ではなかった。

 中学時代に虐めに対する免疫力が出来ていて、

 しかし、その学校生活の中でも唯一僕が苦手とすることは、修学旅行!

 あれは団体で行動し、おまけにグループ別に分かれて食事など寝泊まりを共にする。

 小・中学校の一泊二日の修学旅行とは違い、高校ともなると海外へ行くことはざらにあり、

 無論、そうなると一週間と長い時間を、みんなと一緒に過ごすことになるのだ。

 虐められてる僕にとっては、最悪のイベントである。


 夜はみんなから枕投げの攻撃を受け、なぜか旅行先でもパンを買いに行かされる。

 

 クラスの子から「斉藤は小遣い五千円までって、先生言ってたぜ」と言われ、

 本当は三万円の小遣いなのに、僕は五千円しか持って行かず、

 嘘をつかれたことにムシャクシャして、ちょっと不気味なお土産屋を覗いたのが運のつき。

 

 高校生の僕には、無縁である猿の文鎮を五千円で買わされてしまう。

 韓国まで来て、何故ゆえに猿の文鎮なのか…。

 僕の小遣いは、二日目にして尽きてしまった。

 

著者の釈迦堂とんこさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。