家族で旅するコミュニティ 「ワールドスクーリング」を立ち上げる理由

4 / 5 ページ


家族も増えて、子どもたちの生活もあり、

お給料も割に良く、海辺の町に大きな一軒家も購入し、


物質的にも、精神的にも、

何不自由なく、日々を暮していました。





しかし、約一年前に久しぶりに2週間の小さな旅をして、

旅の感覚を思い出してしまいました。



そうそう。

これこれ。




ひとまず、行先だけ決めておき、

あとは自由に、心のコンパスを信じて進んでいく。




私の人生で求める幸せって、

「家族仲良く一緒に過ごし、旅をし続ける」

ことなんだ!


そして、それが、社会の役に立ち、

未来を明るいものしていけたら、そんな嬉しいことはない。



世界中の絶景を肌で感じたい。

世界中の歴史を肌で感じたい。

世界中の街並みを、高台から眺めたい。

世界中の人々に出会って、友達になりたい。

世界中の絶品料理を味見したい。




20代の頃、バックパッカーで世界を回っていたころは、

誰かと一緒に旅をするのは苦手だった。


できれば、一人が良かった。


限られた人生の時間、自分の行きたい場所に、行きたいときに行き、

食べたいものを食べたいときに食べる。


誰かに気を遣って、自分が本当にしたいことを我慢しながら

誰かのために生きたくはないと、思っていた。




しかし、夫に出会い、

この世界のすばらしさや感動をともに味わう喜びを知り、


ママになって、自分を想うように愛しく想える子どもが産まれ、

この世界をともに感じたい、

どこに行かなくとも、あなたの笑顔が私を心から幸せにする


そんな存在に出会え、そんな存在の我が子だからこそ、




世界中の絶景を、子どもたちと一緒に見て、その歴史を一緒に学びたい。


世界中の建築物を回って、そのデザインを、歴史を、家族とともに感じたい。


世界中の街並みを、家族とともに感じ、歩きたい。


世界中の人に出会って、私も友達になりたいし、娘や息子も友達を作ってほしい。


世界中の食べ物を、家族とともに、美味しいも不味いも体験したい。





世界は近くなり、世界を訪れる機会は山のようにあるのに、

学校という時間と場所の不自由さをそのまま受け入れ、

本当は実際に行って学べることなのに、

著者のJuncoさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。