☆始めての海外☆弾丸 2泊4日オークランド親子2人旅~帰国編~

3 / 5 ページ


食事が中途半端だったので急いで食べて、少し出遅れました。


すると、しゅうやがトイレに行きたいというので、トイレに行かせている間、、、


あれー15番ゲートって言ってたけど、ゲートみたいなところがないんですどーー


トイレの近くにちょうど、ヘルプカウンターがあり、そこの白人の男性に15番ゲートはどこですか?


と聞くと、あのエスカレーターをのって、右に行けばあるよ。


でも、ちょっと時間がないよ。あと10分、いや8分、走って行ってとのこと。


でもmy son がトイレなの


と伝え、オッケー、でもほんとに時間がないからね、早く行くんだよとのこと


そのころmy sonがトイレから出てきて、今の話を伝え、とりあえず、2人で走りました。


そして、早く歩けるエスカレーターみたいなのが見えたので、こっちから行こうと息子に行って乗ったら、動かない!


だから止まってるエスカレーターの上を走った。なんだか、普通の道を歩くよりも、とっても足が重い。


歩いてくれないエスカレーターが終わったらしばらくしてまた、歩くエスカレーターが見えた。


また歩かないでしょ?って思いながら乗ったら、今度は動いてる。


ここで走るとめちゃくちゃ早いー感動!


前の人にエクスキューズミーと言ってどいてもらいながら、息子と軽やかに走る。めっちゃ早い!


そして、歩くエスカレーターが終わっちゃって、15番ゲートまでの道を息子と走る。


2人して、あんまり早く走れません。


もう息切れーーのところで15番ゲートに到着!


やっと搭乗すると、


あれーなんかビジネスなのに今までの快適なビジネスじゃないー。


眠ろうと思ってたのにベットみたいにならないです。なんか液晶画面もない。


CAさんに確認、ビジネスであってますか?


あってるって言ってる。


もしかして、国内線だからなのかな


きっとそうだ!


確か誰かが国内線はビジネスとかないっていってた気がする


って思いました。


でも、ビジネスの時は2人が隣あわせになるためには、窓側の席は絶対に乗れなかったのですが、


今回は、窓側とそのとなりです。


私は、窓側に座りたかったので、


しゅうやにママ窓側がいいと伝えると、


あっさりダメとのこと、、、

オッケー、My son、、、


ということで

しゅうやが窓側になりました。


でも窓の外が見えるー!


行きの飛行機では、全く窓の外が見えなかったので、窓の外がみえて、逆にこの飛行機でラッキーって思いました。


しゅうやは、速攻で眠り、私はずーと窓の外を見ていました。


離陸して、だんだん街が離れて

オークランドとニュージーランドに改めて、バイバイとありがとうを伝え、雲の中に入って行きました。


そして、雲の上にーー!!!


オーマイガー!!!


なんて綺麗なの!!!


So beautiful すぎる!!!


So amazing !!!


そしたら、朝日がちょうど現れてくれて、


それはそれは、最高に綺麗すぎて、本当に美しすぎて、勝手に涙がこぼれました。


とにかく美しすぎて涙が止まりません。


とっても怪しい人に見えたと思いますが、

しゅうやが寝てる横でずーと窓の外を見ながら泣いてました。


だって涙が止まらないんですもの。


神様、本当にありがとう。


オークランドに連れてきてくださって、とっても美しくて素敵で感謝でいっぱいだったのに、さらにさらに、

こんな素敵で美しいものを私にみせてくださって神様、本当に本当に本当にありがとうございます。って


やっぱりいつまでたっても涙が止まりませんでした。


感動しながら少し眠って、起きると、CAさんがクッキーとコーヒーを持ってきてくださいました。


美味しさが身体にしみわたる~


本当に私は、幸せで豊かすぎだなーってしみじみ思いました。


そして、無事メルボルンに着き、今度は始めからビオフェルミンの粉の瓶を出しておき、スムーズに手荷物検査が終了


そして、成田行きのカンタスに搭乗し、今、この文章を書いています。


こちらは、行きと同じ、きちんと眠れるベットで液晶画面もあるビジネスです。


少し眠ろうと思っていましたが、これを書いていたら、先程の美しすぎる景色を思い出してしまい、また、こちらの飛行機でも勝手に涙が出て止まらなくなりました。


著者のゆかさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。