☆始めての海外☆ 弾丸 2泊4日オークランド親子2人旅 ~滞在最後の日編~

1 / 5 ページ

アラームをたくさんかけておいて、朝630分に起きた。


今日は曇り、でもポケモン取るには、炎天下だと暑すぎだから、逆に涼しくていいか。


滞在できるのは、泣いても笑っても今日一日だけしかない。何という短すぎる弾丸旅行。


この旅の目的はポケモンだからね。息子が長い時間満喫できるよう朝早くから出かけよう!


という事で、自分の支度を済ませ、息子を7時に起こした。


しかし、起きない。まだ眠るとのこと。

今日一日しかないんだよ。いいの?


いいとのこと。


730分に起こす。


まだ起きない。


ママ、お腹空きすぎてるんだけど、ねー起きてよー!


まだ眠るとのこと。


えーじゃママご飯食べてきていい?


すると、ダメとのこと。


8時に起こす。


まだ起きない。


ママのお腹は限界だった。

ねーママお腹すきすぎだよ。ご飯食べてくるねーいい?


そしたら、いいとのこと


なんかあったら電話してと言って、一階のレストランへ向かった。


レストランの中はお客さんが誰もいない。


まだ、やってない時間なのかな?


すると、中に中国人の女性のウェイトレスさんが居た。


オープン?(空いてますか?)


イェース、空いてますよ!


センキュー!


といって


ビュッフェスタイルなので、好きなものを取ってくださいとのこと。


そして、何か話してくれたけど、わからなかったので、


I cant speak English !


と伝えた。


すると、チャイニーズ?


ノー、ジャパニーズと返答。


すると、黒人のかわいらしいウェイトレスさんが来て、私は、東京に友達がいるのよ

と英語で教えてくれた。


でも、日本語は話せないみたい。


さきほどの中国人が

旅行できたの?

って言うので

そうよ

と答えた。


誰ときたの?


と言うので、My son

でも、今、まだ眠ってて、でも、私、お腹すきすぎてここにきたの


ってルー大柴英語で伝えた。


そしたら、別の黒人のウェイトレスさんが来てくれて、バターについて詳しく、説明してくれた。


このバターはね、ニュージーランドのバターなの。


そのとなりにあったバターみたいな形のバターではない何かについて、説明してくれてたんだけど、わからなくって、


Sorry I cant speak English !


と伝えた。


そしたら、あら、そうなの。


ねぇ誰か日本語話せない?


って、さっきの中国人と、かわいらしい黒人に聞いてたんだけど、みんな話せないわ

と言って、


もう、話せたらどんなによかったかしらってさっきの黒人のウェイトレスが言ってくれて、


なんか、私も含めて、みんなで楽しく笑ってて、気が合って、すぐ仲良くなっちゃうような4人だった。


女子って、万国共通だわって思った。

国籍とか関係なく、女子ならではのあの雰囲気。なんか、どーでもいい会話で盛り上がるあの感じ。


この時、英語が話せてたら、たぶん世界中にお友達がすぐできるわねっと思ったのだった。


そして、窓側の席で、お外を見ながら、朝食を食べた。


メニューは、

・カンパーニュブレッド (ニュージーランドバターとチーズを添えて)

・スクランブルエッグ

・ソーセージ

・トマトのグリル

・ハッシュドポテト

・ヨーグルト(チェリーのコンポートを添えて)

・グレープを少々

・ホットコーヒー

著者のゆかさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。