ゆめカフェ(32歳~33歳)

楽しいことを期待していた結婚生活でしたが、現実は少し違っていました。
些細なことでお互いの主張がぶつかり合うことが多く、
そんな家に帰るのが嫌になっていた時期もありました。
なんとかしたいと思った僕は夫婦関係の本を読み漁り、
”話し合いの中で折り合いをつけること”
”相手に歩み寄ろうとする気持ち”
それらの大切さを知りました。

そしてこの頃のもう一つの悩みは
”自分がなにをやりたいのか?”ということ。
流石にこの頃は仕事が続かないということはありませんでしたが、
なんとなくこなしていた仕事。
この仕事をこのまま続けていて良いのだろうか?
自分は一体なにをしたいのだろう?
漠然とそんなことを考えるようになりました。

そこで僕は、色々な人の考え方や生き方を参考にしてみようと思い、
新しい出会いを求めて、

]交流会やカフェ会などのイベントに参加してみました。

当時は『朝活』といって朝のイベントなども盛んに行われていたので、

それらにも積極的に参加し、更にイベントの主催もしてみました。
集まった人達で夢についてを真剣に語る
『ゆめカフェ』というカフェ会イベントです。
色々参加したり主催したことによって、もちろん出会いは沢山ありましたが
”自分がなにをしたいのか?”についてのヒントを得ることはできませんでした。
人の話を聞くよりもまずは、”自分自身と向き合い、自分をよく知ること”
そっちの方が先なのかもしれないと思いました。

でもどうすれば自分自身と向き合えるのだろう…?
今度はそれが分からずに悩む日々でした。

著者の橋本 隆生さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。