三十路島遊記 其の七

いよいよ出発の朝がやってきた。

遊者は指定された場所でドキドキしながらバスを待った。
しかし、
バスはなかなかやってこない(汗)
場所間違えたかなぁ…
一向に来ないバスに、
遊者は不安を抱き始めた。
と、その時!
街角をぐぐっと曲がって、
緑一色のバスが、こちらへやってくるではないか↑
(続く)

著者のTakeshi Gotohさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。