月収4万5000円、うつ、クビになっても人生はうまくいく話

1 / 5 ページ

どうも、あずです。

私のこの激動の1年をまとめておこうと、いまPCと向き合っています。

まず、私のこの1年の軌跡を簡単にまとめるとこうなります。

『看護師辞める→上京する→年商20億のメンターと出逢う→いきなり営業部長となる→その傍ら起業について猛勉強する→うつになる→クビになる→起業する(今ここ)→社長になる』

ちょっとよくわからないよね(・∀・)

どうも、あずです。

ライフワークコンサルタントと
美容系企業の営業本部長という
二足のわらじで生きています。

この文章で伝えたいことは
以下の3つ。

1:住むとこ、仕事、人間関係を変えてもうまくいく
2:給料が手取り4万5000円でもうまくいく
3:うつになっても、クビになっても、人生は必ずうまくいく!!
結局人生はHAPPYにしかなりえない。
あなたが挑戦し続ける限り・・・。


【おら、看護師やめる!編】

2018年5月。
私の心は揺れ動いていた。

「看護師の仕事は好きだ。
でも…でも…
このままでいいのか私の人生!!!」

私は当時看護師7年目。

仕事は波に乗り
後輩や先輩にも大事にされ
大きな研究や新人教育も
任せてもらえるほどになっていた。

師長「そろそろ主任にならない?」

そう言われたとき、
私の感想は嬉しい!が半分、
やだ!が半分。

このままこの病院にいたら出世できる。
でもそれは、
あと数年はここで働くことを意味する。

いい職場なんだけど…だけど…
私はもっと好きな人と、
好きな事で、
好きな時間と場所で働きたい!!

もうすぐ30歳になる。

もしこのまま
この病院で主任になったら…?

もし、結婚相手でも見つかって
家でも買おうなんて言われたら…?

私はもうどこにも動けない。。。
(彼氏もいないのに)

私がチャレンジできるのは
今だけなんじゃないか…!?

自分の満足いく人生を送るために、
30歳手前の今、
私は冒険がしたかった。

そんな気持ちを抱え
挑戦したい気持ちと
現状を壊すことへの不安の間で
私は毎日悶々としていた。

幼い頃から私は
看護師一択で生きてきた。

だからこそ、起業といわれても
起業する「何か」もみつからないし、
そもそも自分の特技さえ
よくわからない。

それでも私の胸は
なぜか高鳴っていた。

「多分、わたしはうまくいく・・・」

根拠のない自信だった。

みなぎる自由への欲望かもしれない。 

気付けば、私は退職希望を出していた。

「看護師やめます!」

完全にいきおいだった。

周りにはかっこよく、
やりたいことがある!なんていったが、
別に決まってなかったと思う。

ただ当時からずっとこう思っていた。

私は人の心を元気にしたい!!
好きな人と好きな事で
好きな時間と場所で働きたい!!

そんな理想を掲げ
次の働き方を模索する毎日だったが
時間が経つと不思議なもので

著者のAzusa Minoguchiさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。