生きると決めた日、それを忘れた日々、思い出した今日①

今、目が覚めた。

布団に沈む体、ほとんど動かない手足、首だけ回すと窓から見える空が突き抜けるように青い。
部屋の中に視界を戻す、ギターが4本、一番大事なギターがいない。

間も無くして昨日の出来事を思い出した。
単発のバイトの帰り、初対面の、しかも2回りほど歳上の女性から2500円と気持ちをもらったのを思い出す。
当日現金支給だったが時給は安く、
その日の給料の3分の一ほどに値するあのお金はとても多く感じた。
何も特別なことをしたつもりはなかった。

彼女は言っていた。
「君自身が特別なんだよ。
そのポテンシャルを忘れてはならないよ。」
素直には信じられなかった。
自己投資と思って使った金は今活きていない。
俺は高卒で、就職もせずフリーターで、20歳を超えてから音楽を始めてしまったような大馬鹿だったからだ。

でも、覚えがあった。
その言葉は初めて言われた言葉ではなかったからだ。
そのような形でお金も、気持ちも初めてじゃなかった。
三年前、あのギターと日本中を旅をした記憶が蘇った。
その時の空模様と、汗で張り付いたシャツの感覚を、
旅の中であったたくさんの出来事を、
そしてその旅をするに至った、人との出会いのきっかけを
ただ、思い出した。

全ては事実だった。

著者の佳貴 渡邊さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。