生きると決めた日、それを忘れた日々、思い出した今日⑤

⑤生きると決めた日



彼の言葉の全ては俺に突き刺さった。


親に捨てられ、3歳の頃には見返すことを決断し、豚小屋のようなところに押し込められながらも、強くあり続け、そしてある日折れてしまった男の話を、彼はしてくれた。


男が浮浪者の頃、どこだかで聴いた音楽が、自分のそれまでのものと大きく違うことに気付いたという。


自分のためにじゃダメだと。

誰かのためにやる音楽じゃなきゃダメだと。

男は気付いたという。


俺も同じだった。

いつのまにか、やることなす事が自己満足のためになっていた。きっとそのせいでダメだったんだ、そう思った。



俺は彼に

「俺と同じ歳の頃は何していましたか?」と聞き、

「放浪していた。」

と彼は答えた。



それが俺が旅に出たきっかけだ。




追えば何かが見える気がしてならなかった。

この人を追いかけたいと思った。


彼が海外で認められるトレーナーだからじゃない、国内最王手事務所と契約していたことがあゆからじゃない、人間の部分に共鳴した。

その点において俺は他の生徒と違うと自信があった。

証明してみせる。

そして必ず俺は蘇ってみせる。

親父の分まで生きて世界を驚かせてやる。

音楽の力を、人の心の力を知らしめて、1人で苦しんでいる人を失くしてやる。


そう強く思った。



それが生きると決めた日になっていた。


ほどなくして長く続けていた仕事を辞め、二十万を切るわずかな資金で旅に出た。


世界は広く、どうしようもないものと、愛おしいものと、混沌して入り混じっていた。

著者の佳貴 渡邊さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。