【本音レポート】コロナ禍での結婚式を2021.3に挙げてみて良かったこと・悪かったこと・是非伝えたいこと

まだまだ先行き不透明なコロナ・・
結婚式については、1年以上前から企画をしていたけれど

こんな状況の中、延期・中止と選択肢はあったけど予定通りの日取りで

参加者は半分以下に減ったけど実施したので備忘録も兼ねて・・!

(結婚式概要)

・ゲストは30名弱@100人会場

・ガーデンも使った開放的な会場&貸し切り

・オージーである新郎の家族はZoomより参加

 

(良かったこと)

・コロナ禍で楽しみが少ない中、明るいニュースだととても喜ばれた(ゲストで服を新調してワクワク参加してくれた子人が多かった)

・結婚式が少ない中、会場・お花屋さん・メイクさん・司会者がとても力を入れてくれた

→お花屋さん:特にブーケに力を入れてくれた(会場の人もこんなに立派なもの初めて見たというくらいの重量&とても素敵。お陰様で無事筋肉痛になりました。笑)
→メイクさん:髪型色々悩んだら、少しの移動時にもヘアアレンジを変えてくれて沢山のパターンを楽しめた(この会場でのメイクが最後とのこと、思い入れもあったらしい)

→司会者:私たちにがっつりコミットしてくれた(通常3月等の繁忙期は何組も結婚式をやるので、名前も覚えられないくらいだと・・)
・素敵なインポートドレスを破格で購入できた(コロナ禍工場閉鎖により・・)今後結婚式やる人は是非インポート来てみてください、日本のより形がスタイリッシュで素敵。そしてお色直しもドレス1着でイメージチェンジにしたけど評判とても良かったし、2着よりだいぶコストカット!

・頑張って作ったWelcomeスペースのグッズが玄関を飾っており、素敵なインテリアが出来た

・Zoomでも十分参加型で楽しんでもらえる(弟が引き受けたZoom係の協力があってこそでしたが・・)「結局最後まで楽しませてもらいました」「母子で楽しんでみてました」「オーストラリア、イギリスとも繋がって得した気分」などの嬉しいコメント

・初ブリーチでの新しいヘアカラーチャレンジやブライダルシェービングを通じて、新しい自分を発見できた

・食事に力を入れたからゲストの評価はとても良かった

・ヘアアレンジはどちらも生花にしたがとっても評判がよかった

・両親がとても泣いていた(親孝行できたかな?そしてZoomで繋いでた彼の両親・親族のために、コロナ落ち着いたら現地でやろうと思った)
・結婚式に特段憧れはなかったけど、当日は「可愛い」と一生分褒められるし、会場スタッフは「新婦様」と手取り足取りお姫様気分だし、何よりとても楽しかった、一生の思い出になった

 

(悪かったこと)

・コロナ禍で正解がない中、延期すべきかどうするかずっとストレスを抱えていたこと

・コロナ禍の中、「え・・やるの?」みたいな反応をいくつか受けたこと。結構落ち込んだ(これはしょうがないけど)

・緊急事態宣言のためお店が20時で閉まり、Welcomeスペース用のグッズの買い物などが仕事をしていると中々進まなかったこと(仕事帰りに寄れない)

・披露宴円卓の定員人数が通常時より少なかったり、披露宴会場も定員を少なくしているので(私の場合30名弱/100人会場)その分コストがかかる

・(ガーデンウエディングだったので)結婚式10日前から、近くなったら毎時の勢いで天気予報を見て一喜一憂した

・彼の両親を含め日本の祖父母や友人を呼ぶことができなかったこと

・2人の弟にZoom係、写真係、ビデオ係と頼みすぎたので、すごく忙しくさせてしまったこと。特にプロのカメラマン手配しているからカメラ係は要らなかったかも・・

・(自分のせいだが)ヘアが可愛すぎてメイクさんと「かわいいかわいい」とテンションが上がっていたため、きらきら素敵なビジューベルトをつけ忘れたこと。号泣。「やってもらえる」スタンスじゃ自分が泣きをみることを実感

 

(伝えたいこと)

・どんなに悩んでも結局本人に聞かないとわからない

→コロナ禍で呼んでいいかすごく悩んだ結果、最後は招待状の返送来ている人に改めて「結婚式は本当に来てほしいし、後悔させない自信もあるよ笑(主に食事・会場)。でもコロナ禍だから少しでも心配なら、落ち着いてから是非報告に行かせてね」と本音を教えてもらうメッセージを送った

・結婚式は本当にいい思い出になる

→自分のために集まってくれるのは「結婚式・お葬式」という言葉を聞いたことがある。お葬式は悲しいしゲストとも勿論離せないけど、結婚式は本当に笑顔に溢れているし、みんなとニコニコ話せた

・料理と装花は力を入れるべき

→ここが結婚式後のコメントでもすごく多かった。お花はゲストにプレゼントできる

 

色々悩んでる人も多いトピックだと思うので、是非参考にしてもらえたら・・!

著者の遠藤 友紀さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。